gaYa広告

2013年09月13日

ミャンマーはオレンジとの協力会談進行中!

Mobile World Liveは、ミャンマー・タイムズ(Myanmar Times)によれば、MPT(Myanmar Posts and Telecommunications/ミャンマー郵政省)は、オレンジを含む潜在的な外国のパートナーとの会談中であると報告した。

U Aung Maw常務取締役は、MPTが国家から離れて民営企業になり、計画として、パートナーを見つけることであると言った。

【広告】 あなたがシャワーを使うときに犯している誤り!健康的で、清潔と考えて、そのシャワーを使うときの誤りで、あなたは発疹と乾燥肌を起こすかもしれない。美容と医学の科学専門家アマディン・イスナール(Amadine Isnard)は、熱いお湯がオイルを剥ぎ取ると教えた。例えば、汚い皿を洗うために私達が熱いお湯を使用する理由であると言っている。

「私たちは、今外国の巨人と合弁会社設立契約について議論する準備プロセスにいます。」と彼が言った。

外国のパートナーは、走るMPTの携帯電話ネットワーク、および今年の初めに許可された2つの参加者OoredooとTelenorと競争することで支援することになる。

U Aung Mawは名前によってオレンジを確認しなかったが、フランス、シンガポール、日本および他の西方の国々のオペレーターとMPTが話したと言った。

オレンジと日本の丸紅のコンソーシアムは、OoredooとTelenorに負けて、今年の初めにライセンスを目指すレースで3位に終わった。

オレンジの上級副社長ドミニク・エスピナセ(Orange senior vice president Dominique Espinasse)は、フランスのオペレーターがMPTとの協力上で政府との接触を持っていることをミャンマー・タイムズが確認した。

責務であるMPTは、GSMA Intelligence figures, Q2 2013 figuresによると、650万人の加入者を持つ単独の携帯電話会社である。

YTP(Yatanarpon Teleport Co)と呼ばれる別の実体は、さらに2人の新参者に加えて、モバイルのライセンスを保持している。

あんな小さな国に、4社もある。
東南アジアの国は、全体に乱立気味である。

【広告】 春夏秋冬、肌は油断大敵です。全身ボディパック「gaYa-3」をお試しください。

【広告】 芦屋の奥様から、首筋に赤い斑点が出てきて、何をしても消えませんでした。銀座三越のロングハウスで「gaYa-3」を見て、事情を話したら、25mlの「gaYa-3」を見本でいただき、自宅で使ってみたら、首筋の赤い斑点が消えてしまいましたと連絡がありました。1543年にドイツで発行されたLeonhart FuchsのNew Kreüterbuchという薬草学の本には、肌に良い薬草が多く登場しています。それを読んで、「gaYa-3」は植物油をブレンドしています。よかったですね!お役の立てて良かったです。ありがとうございます。

gaYa広告