2013-09-12

ハワイ沖での糖蜜流出、多くの魚を殺し、サメへの警戒を出した。

BBC Newsは、1,400メートルトンの糖蜜がハワイの沖合でこぼれ、何千もの魚を殺し、水泳に対するサメ警告を出すように厚生当局に促したと報告した。

漏れはパイプラインの中で発見され、ホノルル湾および近くの潟で砂糖のような茶色の滑らかな部分を作成して、常に船の上へのシロップをロードした。

ハワイ周辺の海が、甘くなった?

厚生当局は、彼らが既に何百もの死んでいる魚を水から取り除いており、何千と、さらに多く予期する、と言った。
近くの海岸に関するサインは、水の外にとどまるように水浴者に警告した。

糖蜜として米国で知られている糖蜜の高濃度は、魚が呼吸するのを困難にするだろう、と健康部スポークスウーマンであるジャニス大久保(Janice Okubo)がAP通信社に伝えたと述べた。

テレビ画面は、水からそれらの口を突き出す何匹かの魚を示した。

「糖蜜が公に直接有害でない間、物質は水を汚染しており、サメ、カマスおよびウナギのような捕食種の増加に結びつくかもしれないし、その結果魚を死なせます。」と州健康部が声明で言った。

州健康部の役人は、潮と流れがそのエリアからそれを洗い流すまで、流出が何週間も目に見えることを期待している。

それらは精製糖からの藻類の潜在的な増加した成長について関心を持っている。

糖蜜は米国島状態上の砂糖園で作られる。

米国の西の海岸へ粘質の製品を出荷する会社に関して、週に一度、マトソン船会社(Matson Navigation Company)のスポークスマンであるジェフ・ハル(Jeff Hull)は2013年09月10日火曜の朝、穴とパイプを修理したと言って、漏れは止まった。

ハワイの政府関係者は、彼らが水質汚染防止法の妨害のためのマトソンに罰金を科するかもしれないと言った。
しかし、即時のプライオリティは公安であった。

ステートメントでマトソンは、流出が今後生じないことを保証するだろうと言った。