2013-09-12

ドルビー方式の開拓者レイ・ドルビーが死去した。

人物

BBC Newsは、オーディオ録音でのドルビー方式の研究所を設立し、騒音低下を開拓した米国のエンジニアであるレイ・ドルビー(Ray Dolby/1933 - 2013)は、80歳で、サンフランシスコで死去したと報告した。

レイ・ドルビーは、数年間アルツハイマー病に苦しんでおり、この夏に白血病と診察された。

彼の名前はホーム・サウンド・システムおよび映画と同義になり、また、彼の仕事は多くの賞を受賞した。

ドルビー研究所の社長ケビン・イーマン(Kevin Yeaman, president of Dolby Laboratories)はレイ・ドルビーを「真実の先見者(true visionary)」と評しました。

レイ・ドルビーは、オレゴン州ポートランド(Portland, Oregon)で生まれて、サンフランシスコ・エリアで成長した。

彼は、まだ学生だった間、初期のビデオ録画システムを開発するのを支援して、アンペックス株式会社(Ampex Corporation)でスタートを切った。

ケビン・イーマンは、レイ・ドルビーが「優越性に委ねられた(committed to excellence)」と言った。

その後、彼は、1965年にイギリスのロンドンで、ケンブリッジ大学博士号を取得し、次にドルビー研究所を設立した。

その会社は、成長してオーディオ技術の業界リーダーになり、テープ録音中の背景ヒス(background hiss)を切断し、後で「サラウンド・サウンド(surround sound)」を出すことになりました。

ドルビーは、1976年にサンフランシスコに彼の会社を移動させた、1989年に、映画への彼の貢献のためにオスカーに与えられ、彼はドルビーの代表取締役ロアン・アレン(Dolby executive Ioan Allen)と賞を共有した。

さらに、彼は、1995年のグラミー賞、および1989年と2005年のエミー賞を受け取った。

ドルビーの息子で、映画製作者および小説家トム・ドルビー(Tom Dolby)は、
「彼は心底からエンジニアでしたが、私の父親の技術の業績は音楽と芸術への愛に起因しました。」
「彼は、芸術的なプロセスの鑑賞を映画とオーディオ録音中の作品のすべてにもたらしました。」
グラミー賞を渡すRecording Academyの社長ニール・ポートノーPortnow(Neil Portnow)は、ドルビーの革新が「私たちがほぼ50年間音楽と映画を聞く方法を変更した。」と言った。

「技術は、世代が来るために彼の著しい遺産を保証して、レコーディング・アーティストと映画製作者のための創造的な過程の主要部分になりました」と彼が付け加えた。