on-the-time.jp

2013年09月12日

北朝鮮の寧辺リアクターは、オペレーションが近づいている。

BBC Newsは、蒸気は、リアクターが再開されたことを示唆して、北朝鮮の寧辺核施設(Yongbyon nuclear facility)から上昇するのを見られた、と米国の研究所が言ったと報告した。

色および蒸気のボリュームは、リアクターが中にあることを示した。
あるいは、オペレーションに近づいていると、研究所は言った。

平壌(Pyongyang)は高い地方緊張の中で、4月にその主な寧辺核関連施設群でリスタート機能に誓った。

リアクターはプルトニウムを生産することができる。
北朝鮮は、核兵器を作るためにそれを使用することができた。

【広告】 角質のように、石けんで落ちない垢が全身マッサージでも落ちるのでしょうか?と言う質問が来ました。実は、それが目的で「gaYa-3」が、開発されました。足に塗るとき、ついでに腕にも塗ると、垢のようなものがボロボロ取れます。水ですと、その後がガサガサになりますが、「gaYa-3」はオイルですから、つるつるで、ぷるるんとなります。

アナリストは、北朝鮮が、設備が閉鎖された時、2007中頃に先立って寧辺リアクターで生産されたプルトニウムに基づいて、既に間に4つおよび10の核兵器を所有すると考えている。

アナリストは、北朝鮮が、設備が閉鎖された時、2007年中頃に先立って寧辺リアクターで生産されたプルトニウムに基づいて、既に4から10の核兵器を所有すると考えている。

北朝鮮でモニター開発への衛星画像を使用し、ジョンズ・ホプキンズ大学米国-朝鮮研究所(US-Korea Institute at Johns Hopkins University)によって書かれた、38 NorthのWebサイト上で公表された報告で、リアクターは、電気を起こすために蒸気タービンを使用する、と述べた。
また、2013年08月31日から衛星画像で見られた蒸気は、電気システムがオンラインであることを示した。

報告書著者ジェフリー・ルイス(Jeffrey Lewis)がBBCに「リアクターは、それがあるか、数日以内に完全に使用可能なるように見え、そしてそれが起こるとすぐに、プルトニウムを生産し始めるでしょう。」と伝えた。

「それらは、マテリアルの量を増加させる位置に、それら自身を入れて、ごく少しのレバレッジを与えて、実際に核兵器にできるので、私たちのその部分上での緊迫感を加える。」と彼が付け加えた。

5メガワットのリアクターは、北朝鮮が2006年と2009年で、そのプルトニウムをその核実験に使用したと専門家が考えることができる使用済み燃料棒を生産することができる。

2月で最も最近のテストで、北朝鮮はその第3回目を導いた。しかし、プルトニウムまたはウラニウムが使用されたかどうかは明らかではない。

寧辺への訪問に続く2010年11月の報告書では、米国科学者ジークフリート・ヘッカー(Siegfried Hecker)は、彼が見たものに基づいて、彼は、北朝鮮が寧辺で「およそ6か月以内にプルトニウム作業をすべて再開することができる。」、次に、シャット・ダウンすることができたと考えられると言った。

シンクタンクであるサイエンスと国際防衛のための機関(Institution for Science and International Security)のアナリストは、北朝鮮が核兵器の中でどんな新しいプルトニウムも使用することができる前に相当な時間がかかるだろうと言った。

アナリストは、リアクターが年間6kgのプルトニウム(13 lbs)を生産することができると言い、1〜2つの核爆弾を作るのに十分と、BBCの特派員ルーシー・ウィリアムソン( Lucy Williamson)はソウルから報告した。

米国務省および韓国の国家情報院の両方は、報告書に関して直接コメントするのを知能問題に関してコメントしないと言って断わった、とAP通信社が報告した。

北朝鮮は援助のための軍縮の取り引きの一部として2007年7月に寧辺リアクターを閉じた。

設備の冷却塔はその後破壊された。
しかし、その後、ひとつには平壌が完全にその核施設をすべて示していると米国が信じなかったので、軍縮取り引きは止まった。

2010年には、ジークフリート・ヘッカーは、北朝鮮の寧辺でウラン濃縮施設を明らかにした。

ジークフリート・ヘッカーは、設備は発電目的のためにあるように見えたが、爆弾用高濃縮ウランを生産するために容易にそれを変換することができるかもしれないと言った。

2011-02-01---北朝鮮には、これまでの核施設以外にも極秘核施設がある。
2010-11-21---米国の科学者は、北朝鮮で巨大な新しい核施設を見た!

寧辺核施設(Yongbyon nuclear facility)のGoogle Earthポインター情報
39°46'30.09"N,125°45'15.77"E

【広告】 あるお客様から、50歳を過ぎたころから、首から胸にかけて、疣のような小さなぶつぶつができて、何となく気になっていたのですが、「gaYa-3」を塗ったら、数日で皮膚が柔らかくなって、つるつるになり、ぶつぶつがなくなり、シワも消えたとご連絡をいただきました。ありがとうございます。

【広告】 50歳くらいの男性から、足の角質がどんどん酷くなり、かかと削りを使っても、すぐにまた固くなり、そこが割れて激痛も起こって、困っていたところ、知人に「gaYa-3」を紹介され、最初は、角質がさらに固くなって、どうなるのかと思いましたが、お風呂で軽石で少しコスったら、角質部分が面白いほど取れました。それを数回繰り返したら、足の角質が消えてしまいました。もう、「gaYa-3」が手放せなくなりましたと、連絡をいただきました。ありがとうございます。