2013年09月12日

インドの洪水で、ひどく被害を受けた有名なヒンズー寺院を再開。

BBC Newsは、インドのウッタラカンド(Uttarakhand)の大洪水でひどく被害を受けた有名なヒンズー寺院は、祈願のために再開したと報告した。

ルドラプラヤグ地区のケダーナース寺院(The temple at Kedarnath in Rudraprayag)は破壊のヒンズー神シヴァ神の寺院(temple of Shiva, the Hindu god of destruction)として有名である。

まさに、神秘の世界にあるシヴァ神の寺院である。

【広告】 最近は、見るからにガサガサで、しわしわの高齢者の肌になってきていたのですが、「gaYa-3」を使ったら、若いころのように肌がつるつるで、プリンプリンになってきました。こんなのははじめてです。と、ご連絡をいただきました。ありがとうございます。

しかし、それは、4,000を超える村に影響した6月の洪水および地滑りによって破損された。

まさに、破壊の神が、自然の神に破壊された。

政府は、528の遺体が洪水の結果として回収されたと言い、まだ5,700人以上は行方不明のままである。

行方不明者は死んでいると推定され、家族が補償を与えられるだろう、と政府が言った。

洪水はケダーナース寺院を破損し、周囲の谷の中で死と破壊の道を持ち去った。

報告書は、神社の近くでまき散らされた残骸、壊れた寺院ドアおよび岩にもかかわらず、水曜日の洪水以来初めて祈祷が行われたと述べた。

式は、寺院で祈願の延長された保留用の禊および償いから始まった。

寺院への巡礼者を許可する決定は、今月の終わりに得られるだろう、と報告書が述べた。

8世紀のケダーナース神社は、高いヒマラヤ山脈のコラバリ氷河(Chorabari Glacier)の近くで、最寄りの道からの14km(9マイル)の旅になる。

毎年夏、何十万もの敬虔なヒンズー教徒が、ヒマラヤ山脈にあるウッタラカンドのChar Dham Yatraの4つの門前町の神社へ巡礼した。

バドリーナート(Badrinath)、ガンゴトリ(Gangotri)とヤムノトリ(Yamunotri)は3つの他の巡礼スポットである。

先週、救助隊員は528に公式料金を持っていって、6月の壊滅的な洪水の残骸からもう75人の遺体を回収した。

2013-06-23---インドの洪水は、死亡者が1.000人を越えた!?
2013-06-17---インド北部の豪雨は、19人を殺した。

ケダーナース寺院(The temple at Kedarnath in Rudraprayag)のGoogle Earthポインター情報
30°44'4.66"N,79° 4'0.82"E
または、
30.734628, 79.066894

【広告】 別の60歳代の方から、全身パックをしてホットシャワーで、余分な油を洗い落とすとき、お湯が玉になって滑り落ちます。こんな経験は、娘時代にしたことを思い出しました。何となく、娘時代に返ったような気分です。と、ご連絡をいただきました。ありがとうございます。

この記事に関連する日付

【広告】 春夏秋冬、肌は油断大敵です。全身ボディパック「gaYa-3」をお試しください。

この記事に関連する外部のサイト