2013-09-12

中国人は貯金好き、“額と率"は世界最高。

新華社は、中国人民銀行(中央銀行)の最新データによれば、中国居民の預金残高は8月まで3カ月連続で43兆元(約700兆円)を超え、過去最高の水準となっていると報告した。

このうち普通預金は16兆元、定期預金が27兆元で、定期預金の人気が高いことが分かると、新快報(新快报)が2013年09月11日伝えた。

過去10年間で中国居民の貯蓄は急速に増えた。
預金残高は2008年8月に10兆元だったが、2009年9月に20兆元、2010年12月に30兆元、2013年1月に40兆元と拡大している。

中国の貯蓄額が世界最多であると同時に、貯蓄率も世界最高の50%超で、世界平均を大幅に上回る。1人当たりの貯蓄額は3万元(約49万円)を超えた。

巨大な人口が、世界最高を記録した。

そう言えば、貯金通帳を見て、ニタニタしている人いますね〜
でも、お金は「お足」といって、貯金したら死に金です。
どんどん使って、回転させ、走り回らせるとさらにお金は増える。