2013-09-12

香港が東京を抜いて、初の三大金融センターに入った。

新華社は、香港商報からの情報として、米国のS&Pダウ・ジョーンズ・インデックス(S&P Dow Jones Indices)が2013年09月10日発表した2013年版の「国際金融センター発展指数リポート」によれば、世界の金融センター・ランキング(world financial center ranking)として、1位はニューヨーク、2位がロンドンで、3位には東京を抜いて初めて香港が入ったと報告した。

環球時報は2013年09月12日に、上海は3年連続6位で、香港のライバルと目されていると報告した。

金融市場の状況と発展能力、産業のサポート、都市サービスのレベル、国の環境といった分野で金融センターとなる都市のレベルを数値化し、比較した。対象は北京や台北も含む世界の45都市である。

香港の上位3位入りは発展能力が高いと評価されたためであった。全般的にみると、欧州の順位が下がり、アジア太平洋地域、北米の順位はやや上がった。