2013-09-12

ケニアの不毛の乾燥地帯で、新しい巨大な帯水層が発見された。

AP通信は、頻繁な干ばつに苦しむケニアの遠隔の地域は、巨大な地下帯水層(huge underground aquifers)の発見の後すぐに、水と同一平面上であるかもしれないと報告した。

2つの帯水層が衛星調査技術の使用によりケニアのトゥルカナ(Turkana)地域で識別された。

他の3つの帯水層も検知されたが、穴あけを通して確かめられる必要がある。

ケニアの環境省、水および天然資源の内閣官房長官ジュディ・ワークンガ(Judi Wakhungu, the Cabinet secretary for Kenya's Ministry of Environment, Water and Natural Resources)は、「水の新しく見つかった富」がトゥルカナの人々および国家のためにより成功した将来にドアを開くと言った。

ジュディ・ワークンガは、「これらの水埋蔵量に関するニュースは信頼できる高度水道設備が必要になる。」と水曜日に声明で言いました。

「私たちは、さらに責任を持ってこれらの資源を調査し、かつ将来世代のためにそれらを保護するために今働かなければなりません。」
ユネスコによれば、ケニアの4100万人のうち、安全な水へのアクセス不足が1700万人。そして2800万には適切な衛生設備がない。

不足する天然資源上の暴力は、頻繁にトゥルカナ地域で発生している。

トゥルカナ湖(Lake Turkana)、世界で最大の永久の不毛の湖および最大のアルカリ湖の近くで発見された。

地域は、何百万年も前に人間の初期に接続された一連の古代の古生物学の発見をした。

地下湖は、2つの確認されたTurkana帯水層が水の最低2500億の立方メートルを保持することがその調査RTI(Radar Technologies International/レーダー技術インターナショナル)によって発見され、17%分ケニアの有効水のシェアを押し上げることができると分かった。

RTIは、3つの他の未確認帯水層が水のさらに300億立方メートルを保持するかもしれないと言った。

穴あけを通して確かめられる調査は、水のそれらの3つの多量の存在を確認することになっている。

衛星データ、石油探索技術および従来の水文地質学の技術を使用して、水を検知するRTIは、「この地下水は、大部分は貧困に生きており、基本サービスおよび清潔な水へのアクセスを限定したトゥルカナの人々の生計の改善の見込みを高めます。」と言った。

ユネスコの自然科学のための事務総長次長補グレートヒェン・カロンジ(Gretchen Kalonji, UNESCO's assistant director-general for natural sciences)は発見を実証し、どのように「科学技術は産業化と経済成長、ならびに水へのアクセスのような実際の社会問題の解決にに寄与することができる。」と言った。

これから、ケニアの経済はもの凄いことになる。
さらに、アフリカには、未発見の地下帯水層が多く見つかるかもしれない。

ケニアのトゥルカナ(Turkana)地域のGoogle Earthポインター情報
3°37'56.24"N,36° 0'27.37"E
または、
3.632289, 36.007603

2013-06-16--バングラデシュの被服縫製工場の飲料水で、何百人もが病気にされた。
2013-05-08---中国のボトル入り飲料水は、大丈夫か?
2012-07-01---中国で、改訂版の「生活飲料水衛生基準」施行。
2012-04-20---悪評高い乾燥したアフリカ大陸に広大な地下水がある?
2010-07-19---インドの成功で、聖なる川はどう死んだか。