on-the-time.jp

2013年09月09日

ハッブルは空気ポンプの中で螺旋を捕らえた。

NASAは、地球から1億1000万光年以上遠いポンプ座(空気ポンプ/constellation of Antlia/The Air Pump)の星座で、NASA/ESAのハッブル宇宙望遠鏡(NASA/ESA Hubble Space Telescope)からのイメージとして、ここに示される渦状銀河IC 2560の写真を公開した。

【広告】 肌がガサガサになってきて、しわくちゃになってきて、このまま死んでいくのかと思ったら、何もする気が無くなっていたとき、友達が、笑いながら、「gaYa-3」をくれたのです。老眼鏡で説明書を読んで、試しに全身パックをしてみたんです。1週間続けたら、太っていないのにツルツルで、ぷよんぷよんになってしまいました。そうしたら気分まで明るくなって、来年は世界一周を計画しています。と、ご連絡いただきました。皆様が、お幸せになっていただけることが喜びです。ありがとうございます。

この距離では、重力によって一緒になった200以上の銀河のグループは、れは比較的近くの渦状銀河で、ポンプ座クラスタの一部になっている。

このクラスタは異常で、ほとんどの他の銀河団と異なり、それは、その内の支配的な銀河を持たないように見える。

このイメージでは、渦状銀河IC 2560の渦巻腕および妨げられた構造を見つけるのは簡単である。

この螺旋は、天文学者が,水素(hydrogen)、ヘリウム(helium)、窒素(nitrogen)および酸素(oxygen)および非常に明るい核が特徴だった一種の非常に強い輝線の渦状銀河である要素から、ザイフェルト-2銀河(Seyfert-2 galaxy)と呼ぶ。

銀河の明るい中心は、中央のブラックホールのまわりの地域からの巨大な量のスーパー高温ガス放逐(ejection of huge amounts of super-hot gas)によって引き起こされると考えられている。

この一種の独特な星座を命名した背後に物語がある。
ポンプ座は、フランスの天文学者アベ・ニコラス・ルイス・デ・ラカイユ(Abbé Nicolas Louis de Lacaille/1713 - 1762)によって、17世紀に空気ポンプの発明に敬意を表し、もとはantlia pneumaticaと命名された。

Credit: Hubble/European Space Agency and NASA

【広告】 最近は、見るからにガサガサで、しわしわの高齢者の肌になってきていたのですが、「gaYa-3」を使ったら、若いころのように肌がつるつるで、プリンプリンになってきました。こんなのははじめてです。と、ご連絡をいただきました。ありがとうございます。

【広告】 別の60歳代の方から、全身パックをしてホットシャワーで、余分な油を洗い落とすとき、お湯が玉になって滑り落ちます。こんな経験は、娘時代にしたことを思い出しました。何となく、娘時代に返ったような気分です。と、ご連絡をいただきました。ありがとうございます。

gaYa広告