2013年09月05日

マイクロソフトは、モトローラとの長いバッテリー特許の戦いで勝った.。

Cellular-Newsは、マイクロソフト(Microsoft)はモトローラ・モビリティ(Motorola Mobility)に対するその長い特許権侵害で別の勝利を勝ち取ッたと報告した。

特許がそのXBoxゲームの中で使用したとしても、マイクロソフトは議論して慰め、公平な用語上で許可されたFRANDとして知られていた。

【広告】 最近は、見るからにガサガサで、しわしわの高齢者の肌になってきていたのですが、「gaYa-3」を使ったら、若いころのように肌がつるつるで、プリンプリンになってきました。こんなのははじめてです。と、ご連絡をいただきました。ありがとうございます。

ビデオ技術をカバーする特許はモトローラによって本質的な標準として宣言された。
その後、それは、合理的な用語上でそれらを許可することに合意することをそれらに要求した。

初期の訴訟で、今はGoogleによって所有されたモトローラは損害賠償金でUS$数10億で訴えたが、その事件で負けた。

裁判官はそれを支持し、特許は侵害されたが、相当にモトローラのUS$40億の要求未満だったUS$180万の特許権使用料を与えた。

マイクロソフトは、その後、一部分ヨーロッパで販売禁止を回避することが講じた処置のために、補償を求めて、反訴された。

「これは、手頃な製品および仕事をよくともに望む人すべてのための画期的な勝利です。」とマイクロソフトが声明で言った。

モトローラは、それが訴えを考慮していると言った。

あちらでサムソンとアップルが戦争し、こちらでマイクロソフトとGoogleが戦争している。
しかし、あまり交差はしない。

サムソンとマイクロソフト、アップルとGoogle、アップルとマイクロソフト、サムソンとGoogleはどうなっているのだろう?

【広告】 あるお客様から、50歳を過ぎたころから、首から胸にかけて、疣のような小さなぶつぶつができて、何となく気になっていたのですが、「gaYa-3」を塗ったら、数日で皮膚が柔らかくなって、つるつるになり、ぶつぶつがなくなり、シワも消えたとご連絡をいただきました。ありがとうございます。

【広告】 肌がガサガサになってきて、しわくちゃになってきて、このまま死んでいくのかと思ったら、何もする気が無くなっていたとき、友達が、笑いながら、「gaYa-3」をくれたのです。老眼鏡で説明書を読んで、試しに全身パックをしてみたんです。1週間続けたら、太っていないのにツルツルで、ぷよんぷよんになってしまいました。そうしたら気分まで明るくなって、来年は世界一周を計画しています。と、ご連絡いただきました。皆様が、お幸せになっていただけることが喜びです。ありがとうございます。

この記事に関連する外部のサイト