2013年09月05日

活動過多にリンクされた内耳混乱。

美容と医学の科学

BBC Newsは、内耳問題(Inner Ear Defects)は、極度に活動的な振る舞いが原因かもしれない、ということを研究が示唆したと報告した。

科学雑誌サイエンス(Science)の中で公表されたハツカネズミに関する研究は、そのような問題が活動過多が脳の変化を引き起こしたことに結びついたと言った。

【広告】 乾燥肌にご注意ください。慢性化することがあるそうです。全身ボディパック「gaYa-3」をお試しください。

Science 6 September 2013:
Vol. 341 no. 6150 pp. 1120-1123
DOI: 10.1126/science.1240405
REPORT
A Causative Link Between Inner Ear Defects and Long-Term Striatal Dysfunction
Michelle W. Antoine1,
Christian A Hübner2,
Joseph C. Arezzo1,
Jean M. Hébert1,3,*

1Department of Neuroscience, Albert Einstein College of Medicine, Bronx, NY 10461, USA.
2Jena University Hospital, Institute of Human Genetics, Jena 07743, Germany.
3Department of Genetics, Albert Einstein College of Medicine, Bronx, NY 10461, USA.

Received for publication 13 May 2013.
Accepted for publication 8 August 2013.

米国チームは、それが、振る舞いから病気治療の新しい目標の開発に結びつくかもしれないと言った。

イギリスの専門家は、その研究の発見物が「陰謀術策(intriguing)をめぐらしており」さらに調査されるべきである、と言いました。

ADHDのような行動上の問題は通常脳から始まると思われている。

しかし、科学者は、子どもおよびティーンエイジャーが行動上の問題で、特にヒアリングとバランスに影響する内耳混乱をしばしば持っていると言った。

しかしながら、因果関係は見つかっていない。

この研究の研究者は、内耳混乱がその後、さらに振る舞いに影響する脳の中の問題に結びつくことを提案している。

ニューヨークのイェシバー大学のアルバート・アインシュタイン医学大学(Albert Einstein College of Medicine of Yeshiva University in New York)からのチームは、研究所の何匹かのハツカネズミが特に、絶えずそれらの後部を追うことで、活動的であることに気づいた。

それらは、ヒアリングの原因である蝸牛殻(cochlea, which is responsible for hearing)とバランスの原因である前庭系(vestibular system, which is responsible for balance)の両方で、大いに耳が聞こえず、内耳の障害を持つことが分かりました。

研究者は人間で、Slc12a2遺伝子9Slc12a2 gene)に変化を見つけた。

遺伝子の健康なハツカネズミの内耳中の活動を閉鎖すると、それらはますます活発になった。

その後、研究者は移動をコントロールする脳エリアの中心にあるエリア線条体(striatum, an area in the centre of the brain area that controls movement)を検査した。

それらは、2つのタンパク質、pERKおよびpCREBの正常値より高いのを見つけた。

遺伝子の欠点を備えたハツカネズミは、人間の中でチック(制御しがたい移動)を扱うために既に使用されている薬ハロペリドール(haloperidol)の注入を与えられた。

それは高いタンパク質レベルを打ち消すと見られた。
また、マウス活動パターンは正常に戻った。

研究者は、同じプロセスが人々において目標とされているかもしれなくて、内耳障害の子どもの中の活動過多を管理するのを支援するために薬剤を開発することができるかもしれないことを示唆した。

先導科学者ジーン・エベール教授(Prof Jean M. Hébert, the lead scientist)は、
「私たちの研究は、内耳機能障害のような感覚障害がもっぱら脳から始まるために伝統的に熟慮した適応性がない[逆効果の]振る舞いを引き起こす、脳の中の特定の分子変化を引き起こす場合があるという最初の証拠を提供します。」

カーディフ大学の心理学の医学および臨床の神経科学の研究所の児童青年精神医学のアニタ・ターパル教授(Anita Thapar, professor of child and adolescent psychiatry at Cardiff University's Institute of Psychological Medicine and Clinical Neurosciences)は、それが「興味をそそる研究および発見物のセットである。」と言った。

アニタ・ターパル教授は、ADHD(attention deficit hyperactivity disorder/注意欠陥多動性障害)への遺伝リンクがあるかもしれないことをその研究は示唆し、
「それは、私たちが感覚障害と特定の振る舞い/障害の間のリンクに寄与するものと批判的に考えるべき論争を確かに引き起こします。」と付け加えた。

しかし、彼女は、注意が発見物から人間を直接推定することに関して、違いを付け加えた。

「ADHDは、最も神経精神病学的なおよび内科的疾患は、単一の突然変異によって引き起こされません。

「他方で、動物モデルは、人間の中で達成することができない方法で実験的操作を考慮に入れます。また、結果は、人間の中でテストするべき仮説を形作るのを支援することができます。」と言っている。

今までも、動物実験で立証されたが、人間では立証できなかったことは、起こっている。

【広告】 50歳くらいの男性の話しを聞いて、私も足の角質で困っていたので早速、割安の100mlの「gaYa-3」を購入して使ってみました。角質はまるで石けん洗っても落ちない垢のようですね!それを「gaYa-3」が浮かせてくれる。2〜3回は、お風呂で軽石で少しコスったのですが、その後は手でマッサージするだけでボロボロ無駄な角質が取れました。今ではひじなどの角質にも使っていますと、ご連絡をいただきました。ありがとうございます。

【広告】 肌がガサガサになってきて、しわくちゃになってきて、このまま死んでいくのかと思ったら、何もする気が無くなっていたとき、友達が、笑いながら、「gaYa-3」をくれたのです。老眼鏡で説明書を読んで、試しに全身パックをしてみたんです。1週間続けたら、太っていないのにツルツルで、ぷよんぷよんになってしまいました。そうしたら気分まで明るくなって、来年は世界一周を計画しています。と、ご連絡いただきました。皆様が、お幸せになっていただけることが喜びです。ありがとうございます。