2013-08-14

オリンピックのときのボンド役で落下傘降下者マーク・サットンが死去!

人物

BBC Newsは2013年08月15日に、ロンドン2012開会式で、ジェームズ・ボンドとしてパラシュートで降りたスタントマンは、事故で死亡したと報告した。

42歳のサリー(Surrey)出身のイギリス人マーク・サットン(Mark Sutton)は2013年08月14日水曜日に、スイスのマルティニー(Martigny, Switzerland)の近くで、ウイングスーツ(Wingsuit)で飛んで死亡した。

警察は、彼まだ原因を知らなかったと言った。
しかし、岩の尾根に衝突した後に、サットンは死んだと考えられている。

もう一人のスタントマンであるクイーン9Queen)とプレーする彼は、オリンピック・スタジアムをヘリコプターから顕著に飛び越えたとともに、サットンは、ダニエル・クレイグ(Daniel Craig)のジェームズ・ボンドの代役を務めた。

ウイングスーツで飛ぶものは、パラシュートが上陸のために開かれる前に、それらが高速に大気によって滑ることを可能にすることを目指している特別のスーツを着用している。

元陸軍士官サットンは、ちょうどフランスの国境を横切って村に降りるつもりで、3,300m(10,826フィート)で飛ぶヘリコプターからジャンプしたと思われている。

「無もより素晴らしく、より勇敢です。」
しかし、報告書は、スタントマンが岩の尾根を襲って、致命傷を受けてたと述べた。

救助者は、サットンが衝突で死んだと考えていた。

スタントマンは、19人の他の経験を積んだウイングスーツ・パイロットと3日間wingsuitingするイベントに参加することを依頼された。

事故がイベントの1日目に起こった。
それは、ヘリコプターからジャンプして、フィルムで覆われているウイングスーツで飛ぶものを含んでいた。

警察は、身体の形式上の識別が進行中で、調査がオープンした、と言った。

彼らは、ウイングスーツで飛ぶもののグループがエキストリーム・スポーツを専攻する会社によってスイス・アルプスに招待されたと言った。

オリンピックの式典にクイーンとプレーしたスタントマンゲーリー・コネリー(Gary Connery)は、彼の友達の死に続く、悲しむメッセージであるように見えたものをTwitterに投稿した。

彼は、
「All you jumpers/flyers out there, stay safe, make wise choices and know your limits and your locations. Live to tell your stories. One love.」と書き込んだ。

は開会式を監督したダニー・ボイル(Danny Boyle)は、サットンが「温和で思慮深い」人であると夜標準に伝えた。
また、彼の死は「彼の職業にとって巨大な損失」になるでしょうと言った。

彼は新聞Evening Standardに、
「The show was built from so many contributions from so many people, none finer and braver than Mark Sutton's, On behalf of everyone in the show we were all honoured to have him worked with him and to have known him as a friend and a professional. All our thoughts are with his family, friends and colleagues.」と伝えた。

スイスのマルティニー(Martigny, Switzerland)のGoogle Earthポインター情報
46° 6'9.34"N,7° 4'37.40"E
または、
46.102594, 7.077056