2013-08-14

小型銀河は大きな渦状銀河へ激突して、捕まった。

NASAは、チャンドラX線衛星観測(Chandra X-ray Observatory)を備えた観察は、地球から銀河中の数百万度のガスの大質量雲(massive cloud of multimillion-degree gas)を約6000万光年明らかにしたと報告した。

高温ガス雲は、恐らく「NGC 1232」と呼ばれる小型の銀河と、はるかに大きな銀河の間の衝突によって引き起こされた。

もし確認されれば、この発見は、初めて、そのような衝突が、X線にのみ検知されており、銀河が同様の衝突によってどのようにして成長するか理解することについて影響を及ぼすかもしれないことに注意することになる。

X線と光学のライトショーのイメージ・コンバインは、この衝突の場面である。

小型の銀河と渦状銀河の間のインパクトは、約600万度の温度を備えた高温ガスを生成し、地球で起こるソニック・ブーム(sonic boom)と同種の衝撃波を引き起こした。

チャンドラのX線データは、紫の中で、高温ガスが彗星のような外観を持っており、その結果小型の銀河の運動によって引き起こされることを示している。

ヨーロッパ南天天文台の巨大望遠鏡(European Southern Observatory’s Very Large Telescope)からの光学データの中で、青く、白い、渦状銀河を明らかにする。

X線の点光源は拡散した放射を強調するためにこのイメージから取り除かれた。

位置のためのイメージに関するマウスで、彗星形のX線の放射ヘッドの近くに、いくつかの非常に光学上明るい星および増強されたX線の放射を含んでいる地域がある。

星の形成はヘッドでよい大質量星を生産して、衝撃波が引き金となって起きたかもしれない。

大質量星が発展するとともに、大質量星風、および超新星爆発の残りによる際に、ケースとしてX線放射が生じるだろう。

高温ガスが薄いパンケーキ状に集中されるか、大きく球状の地域上に分配されるかどうか、二次元画像から決定することができないので、全ガス雲の質量は不確かである。

ガスがパンケーキ状である場合、多量は4万の太陽と等価になる。

それが一様に広げられる場合、多量は、太陽より約300万倍重く、はるかに大きいかもしれない。
この範囲は、ミルキーウェイを含んでいる地域団体の中の小型の銀河に対する値になる。

高温ガスは衝突の幾何学によって、X線の中で何十から何億年も光り続ける。

衝突はそれ自身約5000万年間も続く。

したがって、銀河中の高温ガスの大きな地方を探索することは、小型の銀河を備えた衝突の頻度を推定し、かつそのような出来事が銀河成長にどれくらい重要か理解する方法かもしれない。

X線の放射の代替説明は、すべて銀河の一方に置かれた多くの大質量星から超新星と熱風によって高温ガス雲が生むことができたかもしれないということになる。

予期されたラジオ、赤外線あるいは光学の特徴の証拠の不足は、この可能性に反逆している。

これらの結果について記述するペンシルバニア州ハンティンドンのハンティンドンX線天文学研究所のゴードン・ガーミル(Gordon P. Garmire of the Huntingdon Institute for X-ray Astronomy in Huntingdon, PA)による論文は、オンライン、またアストロフィジカル・ジャーナル(The Astrophysical Journal)の2013年6月10日号で公表され、利用可能である。

The Astrophysical Journal Volume 770 Number 1
Gordon P. Garmire 2013 ApJ 770 17 doi:10.1088/0004-637X/770/1/17

X-RAY DISCOVERY OF A DWARF-GALAXY-GALAXY COLLISION

Gordon P. Garmire

Issue 1 (2013 June 10)
Received 2013 February 8, accepted for publication 2013 April 23
Published 2013 May 20

NASAのアラバマ州ハンツヴィルのマーシャル・スペース・フライト・センター(NASA's Marshall Space Flight Center in Huntsville, Ala.)は、ワシントンのNASA科学ミッション理事職は、チャンドラ・プログラムを管理している。

スミソニアン宇宙物理観測所は、チャンドラのマサチューセッツ州ケンブリッジの科学および航空業務を管理している。

Image credit: X-ray: NASA/CXC/Huntingdon Institute for X-ray Astronomy/G. Garmire; Optical: ESO/VLT