2013-08-14

侵略的なアリの密航者は、世界中で広がっている。

BBC Newsは、侵略的なアリの問題は以前に考えられたよりはるかに悪いかもしれないと報告した。

スペインの科学者チームは、それは昆虫の予期された数が世界中で無意識に送られているより大きいと分かった。

研究者は、これらの種の多くが環境、インフラストラクチャーおよび人間の健康を脅かすことができる、新しい生息地の植民地を設立していると警告している。

その研究はジャーナル英国学士院生物学レター(the journal Royal Society Biology Letters)で公表された。

How many and which ant species are being accidentally moved around the world?
Verónica Miravete1
, Núria Roura-Pascual1,2,
Robert R. Dunn3
Crisanto Gómez1

1Facultat de Ciències, Departament de Ciències Ambientals, Universitat de Girona, Campus Montilivi, 17071 Girona, Catalonia, Spain
2Centre Tecnològic Forestal de Catalunya, Ctra. St. Llorenç de Morunys km 2, 25280 Solsona, Catalonia, Spain
3Department of Biology, The W. M. Keck Center for Behavioral Biology, North Carolina State University, Raleigh, NC 27695-7617, USA

Published 14 August 2013 doi: 10.1098/rsbl.2013.0540
Biol. Lett. 23 October 2013 vol. 9 no. 5 20130540
Received June 12, 2013.
Accepted July 25, 2013.

第一著者で、スペインのヘローナ大学のヴェロニカ・ミラベタ(Lead author Veronica Miravete, from the University of Gerona in Spain)は、
「それらの小規模により、ほとんどのアリは、船または飛行機で、土、森、観賞植物、果物などと一緒に、コンテナーおよび他の箱中で不本意に輸送されます。」と言っている。

調査チームはオランダ、アメリカおよびニュージーランドで新種のアリの数を見つけた。

それらははるかにもっと以前は報告されたより、これらの偶然の密航者を見つけた。

このデータから推定して、それらは、768の新種のアリ種が通商路によって世界中で導入することができたかもしれないと推測している。

これらのうち、彼らは、600を超える種が新しい植民地を設立するかもしれなかったと言っている。

ヴェロニカ・ミラベタ博士は、
「到着しているアリの数は非常に大きい。また、外来種の85%は成功裡に確立することができます。これは、まだ発見されないことでのように私たちのまわりで生きている多くの外来種がいることを示します。」

新しい地域へ移動するすべての動物が脅かすとは限らない一方、いくらかはむちゃくちゃにすることができる。
また、侵略的なアリは最悪の外国人犯罪者のうちのいくつかになりうる。

ヨーロッパでは、積極的なアルゼンチンのアリは、巨大植民地を構築している。
また、それらは外に競争して、ローカルのアリの数で、それらは生態系によってさざ波を起こした。

また、米国では、昆虫が内部の電気機器に押し寄せるとともに、南アメリカのRasberry正気でないアリの侵入は多数の問題を引き起こした。

フシアリの普及はそれらの痛い針のためにさらに好ましくなかった。

研究者は、これらの害虫の普及を停止させるためにより多くのことを行う必要があったと言った。

ヴェロニカ・ミラベタ博士は、
「一旦新種のアリが新しい地域を設立すれば、それらを根絶することは、非常に困難です。」

「前境界危険査定、ブラックリストおよび検疫検査のような外来種を防ぐ異なる方法があります。しかし、特に、私たちはイントロダクションに結びつく最も高い可能性を備えた地方から航路を観察しなければなりません。」と言っている。

そう言えば、アフリカで、これが人を食うアリだと教えてくれた。
野宿をしていると、まるで昆虫に集まるアリのように、人を食い散らすと言っていた。

何時か、寝ていると黒山のようなアリに襲われる時代が来るのかもしれない。