2013-08-14

インドの潜水艦、ムンバイ湾で爆発!

BBC Newsは、海軍ムンバイ造船所(Naval Dockyard, Mumbai)で爆発の後に火がついたインドの潜水艦で、少なくとも18人の水夫が、閉じ込められたかもしれないと心配していると職員が言っていると報告した。

真夜中に、炎を水で消すために消防士は数時間かかった直後、爆発が生じた。

職員は、ディーゼルエンジンを動力とした船がひどく破損され、その寝台部分が沈められ続けている、と言った。

多くの水夫が、どうにか安全に逃げた。

救助隊は場面上にいた。
また、負傷者のうちの数人は病院へ連れて行かれた。

それは正確に不明瞭で、INS Sindhurakshakの上の爆発を引き起こしたものだが、インドのテレビ上の劇的なイメージは、空を照らす大きな火の玉を示したように見えたと言っている。

都市の多くの部分で炎からの煙を見ることができるかもしれない。

海軍の疑問は、その出来事の原因を調査するためにセット・アップされた。
しかし、職員は、彼らがそれをどんな外部の作用にも関係する行為ではなく、内蔵のエラーの結果であるとBBCに伝えた。

ネイビー・スポークスマンPVSサティシュ(Navy spokesman PVS Satish)は、ロイターの通信社に、
「閉じ込められた何人かの人々がいます。私たちはそれらを救おうとする過程にあります。私たちは、それを18人以内であると疑います。」と話している。

「私たちは、彼らに到着するまで降参しないでしょう。」と彼は付け加えた。

職員は、さらに炎が消された時、それほど種々のAFP通信社が展開しており、彼らが乗船中のその人たちを捜し求めていた、と伝えた。

INS Sindhurakshakは1986年と2000年の間にロシアから買われた、10隻のキロ・クラス潜水艦のうちの1隻であると言われている。

それはロシアのクラブ-S巡航ミサイル・システムを装備している。

ディーゼル機関と電気によって動力がそれに供給される潜水艦は昨年、改良を経験した後にロシアから返り、海上試運転が先の10月始まった、と報告書が述べていた。

2010年2月に潜水艦がヴィシャカパトナム海軍基地でドックに入れられ、蓄電池室の中で火災が発生し、潜水艦に乗船していた水夫は、その火によって殺された。
その修理のためにロシアへ送られたのは、その後の年であった。

インドの海軍が、最初の自家製の航空母艦を始め、職員によって歓迎された、として、1つの「栄光を載せる」ことといったわずか数日後、この爆発は起こった。

昨年、インドは、原子力潜水艦を操作するため、国家のより抜きのグループの一部にして、ロシアから10年のリース、ほぼUS$10億で海軍にロシアのNerpa原子力潜水艦を買った。

インドとロシアは長年の同盟国である。
また、ロシアは、インドの軍用品の約70%を供給している。

2013-08-10---インドは、原子力潜水艦用原子炉を活性化。
2011-12-30---ロシアの原子力潜水艦火災を消火。

海軍ムンバイ造船所(Naval Dockyard, Mumbai)のGoogle Earthポインター情報
18°55'17.37"N,72°49'49.65"E
または、
18.921492, 72.830458

Related Dates