2013-08-06

PC市場は、タブレット成長にもかかわらず、Q2 2013はフラット。

Cellular-Newsは、タブレット出荷の42.9%の増加がデスクトップ7.4%とノートの出荷13.9%の下落によって相殺されたので、世界的なPC市場は成長なしで四半期を経験したと報告した。

第2四半期の中で遅くなるタブレット成長にもかかわらず、Canalysは、まだタブレットが今年の第4四半期によってノートより多く売れるだろうと考えている。

EMEAの中のPC出荷は、第2四半期は連続の2地域の二桁の成長の後の最初の衰退において、前年比の3%下がった。

西ヨーロッパおよび中央と東ヨーロッパは、10%および3%の毎年の衰退と共に、ベンダーのためにそれぞれ挑戦し続けていた。

アジア太平洋地域のPC出荷はちょうど4000万ユニット以上で、前年比で0.5%減った。

地域は中華人民共和国で遅い出荷の悪影響を受けた。
それは、地域の出荷のほとんど45%を占めて、およそ6%傾いた。

スマートフォンとタブレットの需要は世界中で増加している。

推移の産業が面して、チャンネル・パートナーは、計画する場合に注意を働かせることで、発注した。

アップルは、450万ユニットの優位と共に、第2四半期トップのPCベンダーのままで、2位がレノボであった。

しかし、アップルのシェアは昨年と比較して、iPad出荷の毎年の減少から、19.4%から第2四半期に2ポイント落ち、17.1%を予定されている、。

デスクトップとノートの出荷は、全体的ななPC出荷の約20%を占めた。

タブレット・ベンダーは、それが新鮮な革新をもたらすに違いない価格でアップルを攻撃して、それがPC市場で築いた優位を維持することである場合、そのiPadの将来世代に及ぶ。

レノボは、タブレットと同様にその中核ノートおよびデスクトップ・カテゴリー中のシェアを獲得して、強い地域を持っていた。

第2四半期中のその実行は、EMEA(34%)、米国(28%)およびラテンアメリカ(93%)の中で強い毎年の成長によって支援された。

レノボのタブレット・ビジネスはさらに見事に行ないました。
それは約150万ユニットを送り出した。

「それは打っています、そのPCビジネスをグローバル化し100万ユニットの障壁を切り開くことにおいて、それがどれくらい成功しているかは、そのタブレット出荷用の重要な画期的事件です。」Canalysアナリストであるジェームズ・ワング(Canalys Analyst James Wang)は注目しました。

「レノボは中華人民共和国とラテンアメリカで拡大して、そのタブレットを備えた上昇曲線上にあります。Googleまたはアマゾンのようなものからの競争はほとんどありません。」

HPは、3番目の場所を回復するためにサムソンに追いついた。

HPは最近そのタブレット戦略を変更しており、第2四半期に、スレート7(Slate 7)で、その最初のアンドロイドのタブレットを送り出した。

「HPは、他のものがまだ一致することができない広い企業バージョン、チャンネル関係およびグローバルな範囲を持っています。」
「その市場占有率を増加させるように、それは、ビジネスでのアンドロイドを進める企業でのその強さにてこ入れするように見えるに違いありません。」と、Canalysリサーチ・アナリスト・ピン-チェン・トン(Canalys Research Analyst Pin-Chen Tang)は言った。

それらが持っているので、iOSとアンドロイドは変更からタブレットまで利益を得た、任意の勢いを備えたただ一つのタイプのPCであると分かった。

アンドロイドの合計のPC市場のシェアは1年前に6%から、2013年第2四半期に17%まで増加した。

タブレット・スペースで、iOSと競争するためにアンドロイドを使用するように見えるHP、レノボおよびサムソンのような製品で、プラットフォームはそのシェアを増加させ続けるために置かれた。

Googleは消費市場をターゲットとしており、スマートフォンおよびタブレット・スペース中でアップルに勝つことにその目標を定めている。

しかし、アンドロイドは管理とセキュリティにおいて弱いままである。
それは商用理解力を防いでいる。

それが企業に浸透する場合、Google、またはそのパートナーはこの不足を速くアドレスしなければならない。

様々なニュー・フォーム・ファクタを使用して、HP、レノボ、東芝およびエーサーのようなベンダーがPCを構築したように、Windowsカテゴリーに迅速な革新があった。

これらの製品はアンドロイドとWindowsベースのタブレットの間の値開きが高いままであるとともに離陸しようと努力している。

「規模経済は需要増としてこれを問題の中でより少なくしますが、コンポーネント価格は特にマルチタッチスクリーンと共に、問題でした。Windows自体の価格は、要因、およびマイクロソフトが緊急の問題としてアドレスしなければならないものです。そのPC OEMパートナーはますます難しい立場にあります。また、PC市場の統合は次の12か月以内に避けられません。」と、Canalys上級アナリストのティム・クーリング(Tim Coulling, Canalys Senior Analyst)は言った。

2013-08-02---タブレットでも、アンドロイドは53%で、アップルを抜いた。
2013-08-02---アンドロイドは、2013年第2四半期の出荷で、80%以上。
2013-07-18---アップルの次のCEOになる方法。

Related Dates