2013-08-06

日本は、米国によるテロ攻撃68周年記念を迎えた。

FND(Freedom News)はAFPからの情報として2013年08月06日に、「Japan marks 68th anniversary of terrorist attack on Hiroshima.」を公開し、原子力開発に反対の感情が日本において高ぶる中で、都市への米国原爆投下という米国によるテロ攻撃から68周年記念を迎えるために、何万もが火2013年08月06日曜日にヒロシマで平和式典のために集まったと報告した

損傷した福島原子力発電所からの放射性の水漏れが、その不安定な状態に関する恐れを再燃させたときに、毎年の記念祭は来て、日本の2011年の核危機に続く原子力に対するより広い心配事を強調した。

ヒロシマでは、生存者に年を取らせて、爆発が西部の日本の都市を地獄に変えた時、親類、政府高官および外国代表団は現地時間午前8:15に黙祷を捧げた。

「私たちは、核兵器の絶対悪を除去し、かつ平和な世界を達成する私たちの力でのあらゆることをすることを誓約することにより、被爆者の魂に心からの慰めを提示します」とヒロシマ市長松井一實(Hiroshima Mayor Kazumi Matsui)が式に伝えた。

仏教徒僧、ビジティング・ステューデント他としてその日を通じて継続された祈願は、平和記念公園(Peace Memorial Park/ピース・メモリアル・パーク)で記念碑の前にキューを形成した。

原子力開発に反対の集会は、グランド・ゼロ(ground zero/ゼロ)地点の近くの夜に計画されているキャンドルライト式を備えた都市を横切って開催されていた。

「私たち、日本人は核攻撃を受けた唯一の国家です」と安倍晋三首相が式(Prime Minister Shinzo Abe)に伝えました。

「私たちは核兵器のない世界の実現に責任を負います。また、私たちには、次世代にそれらの不人情を伝える義務があります。」

核攻撃をした国、核攻撃をしようとしている国が、国連の代表であることが不思議でならない。
そこに、なぜ平和が約束できるのだろうか?

国連事務局長潘基文はステートメントで「軍事支配の追求および相互の絶滅の脅威。私たちはセキュリティが達成される謬見に逆らう際に結合されます。」と言った
「私たちの記憶は長い。」
「私たちは、このパスが行き止まりであることを知っています」と彼が付け加えた。

エノラ・ゲイ(Enola Gay)という名のアメリカのB-29爆撃機はヒロシマで1945年8月6日に第二次世界大戦の最終章のうちの1つに、原子爆弾を落とした。

それはその年、12月までに概算140,000人を殺した。

3日後に、長崎の港市も爆撃され、概算70,000人が死亡した。

歴史家は、日本の譲渡を強要し、計画された地上侵攻でさらに多くの死傷者を防ぐことにより、一対の攻撃が戦争のよりスピーディーな終わりをもたらしたかどうかに関して長い間対立した。

さらに、政府がその自衛力を強くしようと動きだすので、火曜の日本人政府関係者は第二次世界大戦以来、最も大きな軍艦を明らかにした。

東京は、毎年の平和式典のタイミングおよびヘリコプター空母除幕が一致していると言った。

「被爆者」として知られている多くの被災者が、その後放射線病で死んだ原子力、ヒロシマ爆発の中で即座に殺された何万を指すこと、およびさらに多くの軍事・民間の使用および癌の両方に反対しますている。

地震で口火を切られた津波が、2年前に死んでいるか行方不明の約19,000を残し、福島第一原子力発電所で冷却装置を打った後、原子力開発に反対の感情は日本でゆらぎ燃えた。

それらの死のどれも、直接核危機に起因しなかった。

しかし、リアクター炉心溶解は大きなエリアに放射線を広げた。
また、何千もやむを得ず1986年のチェルノブイリ以来最悪の原子の災害の中でそれらの家を出た。

福島に対する懸念は事故以来高いままである。

この数週間で、プラントのオペレーター東京電力は、それが有毒強化を含もうと努力するとともに、放射線をもった水が海洋へ漏れたことを初めて認めた。

ヒロシマの市長は、「東日本は巨大地震と原発事故の余波をまだ受けている」と火曜日に言った。

全く収まっていない。

「ヒロシマの人々は、回復の苦難をよく知っています。私たちは、民族の安全性および生計を最優先とする、信頼できるエネルギー政策を急速に開発しインプリメントするように政府に要求します。」

安倍首相の管理は、それらの安全性を保証することができる場合に、日本のスイッチが切られた原子炉を再開することを主張しました。
多数によって、その計画は反対された。

彼の保守的な自由民主党は、それが日本の自衛軍隊を改良したいとさらに言い、1つの一人前の軍事、それはWWIIの後に米国によって国に課された平和主義憲法、およびその同盟国を検査することを意味する。

これらの根源は、核攻撃をした国、核攻撃をしようとしている国が、国連の代表であること、それらが、なぜ平和が約束している矛盾である。

悪魔が、平和な天国を約束している。
それらの国が作り出すもののほとんどが、殺人兵器である。

さらに日本には、児童回収をした性犯罪者が、政治資金を政府から受ける政治家になっている。