2013-08-06

「フランスの田舎」というテーマパーク。

BBC Newsは、フランスの田舎(Rural France)と言う言葉は、快適で多彩な村生活についての概念として、フランスに長い間ビジターを引き寄せた。

しかし、現実は非常に異なっていた。

何回フランスの地方に行って、ゴールの生命の遅いペースに関して感傷的なワックス処理、長く怠惰なランチ、ローカルに部品外注された美食法の喜びに役立つビストロ、それらの夏期休暇から誰かが戻るのを聞いたことがあったか?

あるいは恐らく、死ぬ熱の中で歌うセミによって泣き止ませられた並木のスクエアーのアペリチフをすする苦労がない夜(carefree evenings, supping aperitifs)?
恐らく恐らくそれらを羨みました、それらを少しさらに嫌ったが、あなたを招待する、あなたの友達が実際に来年までに11.2%に達すると失業が予言される国で、真実のフランスの経験(True French Experience)を持っているかどうかあなた自身にかつて尋ねた。

これが公式にフランスの最もかわいい村のうちの1つであることを高慢に宣言する、手入れをされた黄色ヒマワリ・フィールドおよびサインを過ぎて、シャラントでAubeterre-sur-Dronneへ運転したところ、楽園に到着したと思うためにあなたを許すことができるかもしれない。

暗い色が蜂蜜につけられた屋根を備えた天日で乾いた白い家は、工芸と骨董屋が詰めら、狭く曲がる通りですり寄る。

すべてのブティックは、それである。陶磁器スタジオあるいはアイスクリーム居間は、そのサインの上に単語「職人」を持つように見える。

映画はここにありません。
しかし、サーカスは町にあります。
また、人形芝居は売り切れました。

12世紀地下の教会は村の残りに対し方向を定めます。
平静、保存、深遠で不変の歴史およびその方向は、観光客を引きつける場所を証明した。

しかし、このテーマパークは田舎のフランスか?

「さて、私たちはここに来る観光客の何千によい印象を与えなければならない」
「シャラントでは、私たちは大きな工業都市でよりも遅い生活様式を持っています。しかし、それは、私たちがここで働かないことを意味しません!」と、微笑して観光案内所からのパスカルは言った。

村の人口はちょうど400です。
しかし、住宅所有者の20%は今イギリス人です。

「私は、村が少し完全すぎるように見えることに合意します!」
パスカルは認めた。

「私たちのイギリスのゲストは、恐らくこの完全な生活がフランスにおいて正常であるという印象を得ます。」
だからといって、Aubeterreが何かを偽って作り上げており、観光旅行上で浮かべておかれるので、行う方法に、それが存在することができるだけののが、単にそれであるわけではない。

美しい変換された小屋で、それはシャヴィエル・マフレ(Xavier Maffre)を空費する彼のアトリエとして使用する。彼は、巧妙に午前の最初の精巧なポットを投げ、一方で、観光団、彼の車輪のまわりで感嘆して口を開いたようであった。

フランスの実際の中心で働いて見せているかどうか彼に尋ねる場合、彼は笑う。

「おお、進行する!」
彼はにやっと笑います。

「私は幻覚を持っていません。私たちはこのように作動する恐竜です。しかし、幸運にも、私は、私たちにここに非常に多くの観光客がいるので好きな仕事をすることができます。」

彼は、一連の静かにさせられた賞賛へのボウルを終了する。

「ツーリストは、技量を評価する(と彼は言った。)時間およびお金があります。しかし、他のどんな場所でも、リズムは非常に異なります。また、私は生き残りません。人々は、『私は、ちょうど1のために代金を請求している価格のために中国のプレートの中で作られて、30を得ることができます!』と言うでしょう。」と言っている。

つまり、作っているのは見本で、売っているのは中国製であった。

そう言えば、昔ドイツから車でパリに出かけ、途中の村で泊まったが、どこの田舎も同じで、夜になると若者がエレキギターで、ロックを始め、寝られなかった。

日本の山梨県の清里で土産物屋をやっている知人は、冬になると客がいないので海外に遊びに行っていた。

そして彼は、自分のことを見世物小屋の怪物と言っていた。

Aubeterre-sur-DronneのGoogle Earthポインター情報
45°16'17.59"N,0°10'11.10"E
または、
45.271553, 0.169750