2013-08-06

テレパシーは、「死にリンクされた。」かもしれない。

BBC Newsは、テレパシー(Telepathy)は、4人の若いトルコのエンジニアが自殺したことを強いるために使用することができたかもしれないと、示唆されたと報告した。

それは、国防の巨人Aselsanの4人の労働者の死の1つの説明として、報告書によれば、トルコのレジェプ・タイップ・エルドアン首相(PM Recep Tayyip Erdogan)に提示された報告書に含まれていた。

4人の死はすべて、14か月以内に、2006年と2007に自殺として最初に記録された。

トルコの新聞Today's Zamanのレポートによれば、その死に懐疑的な家族は、死ぬ前にその人たちは心理療法を受けていた。

また、昨年、首相のインスペクション委員会(Inspection Board of the Prime Ministry)は新鮮な調査を始めた。

その報告書に含まれていたのが、神経心理学者Nevzat Tarhanによる研究だった。
犠牲者の中の激しい苦痛および頭痛を引き起こし、それらに自殺する傾向を与えるテレパシーの可能性を無視しないように検察官に依頼したと、Hurriyet Daily Newsが報告している。

Hurriyet Daily Newsは、Nevzat Tarhanの発言として、脳波は1マイル未満1.5km離れたところから送ることができたかもしれない。

見たところでは、その報告書が、死が殺人または自殺だったかどうかに関して明瞭な答えを提示していない。
しかし、それはアンカラ首席検事詳細調査のためのオフィスに提出された。

もの凄くカルト的公文書である。

こんなことを言い出す国がEUに加盟できるのだろうか?

ドイツでは昔、教会が悪魔払いをしていた。