2013-08-06

フランスの考えとして、レストランを法制化している。

AP通信は、我々に単語レストラン、ビストロと料理を与えた国は、それがどのように食べるか、方法を変えていると報告した。

フランスで初めて、深くなった経済危機、および仕事のためにランチを詰める人々のシェアが、その年までに、より速く上昇しているとともに、ファースト・フードは従来のレストラン受領額に追いついてきた。

その一方で、彼らの価格を抑えつけるために、冷凍パック詰めの食事に向かっている、伝統的なレストランの増加している数の不気味な報告は、料理のアイデンティティのフランスの感覚を振り回した。

フランスの議員は、政府が公式にどれを全国誇りの問題と考えるか、2010年にその世界遺産リストにフランス料理を置くようにユネスコ(UNESCO)を説得するというポイントにまで、料理法を保護するためにただちに行動を開始した。

ゼロから作成された皿の隣のメニュー上に、「fait maison(ホームメイド)」を印刷することをレストランに要求する処置を支持して、最近投票したフランスのアセンブリーでの議員ダニエル・ファスケロ(Daniel Fasquelle, a lawmaker in the French Assembly)は、「私は、シェフがマイクロ波と取り替えられるのを望みません。」と言った。

ダニエル・ファスケロは、下院で承認され、秋に上院に行く立法化が、彼および他の調理用の勇士が望むものより弱いが、正しい施策を表わす、と言った。

ダニエル・ファスケロは、食品の半分以上が組織内で作られる場所を「restaurant(レストラン)」と呼ぶことができるように、制限しようと努力する運動の一部であった。

目的は、「true cuisine(真実の料理法)」を保護し、味覚音痴が開発したファースト・フードのようなアメリカ料理を「caterer(仕出し屋)」のようなより適切な単語を見つけなければならないだろうぺてん師に告白することを強いることであった。

より荒っぽい法案は、今年の初めに議会の中で死んだ。
しかし、ダニエル・ファスケロと彼のコホートは、9月にそれを再び提案することを計画している。

単語「boulangerie(パン製造所)」が、パンをゼロから作ったために法律上取っておかれた時、立法の押しはフランスのベーカリーが1998年にさらされた必要条件に対して、保っている。
そして、厳密に禁止されたプロセスの中で、どの時点で冷凍装置を使用するかが問題になっている。

国会の騒動の中に、ほとんどのフランスの労働者は、時間とお金にますます追われて、恐らく深く調査していない。

いや、本当の「boulangerie」のパンは、数日経って、堅くなってもお菓子のように旨い!
それがわからない奴は、スーパーでパンを買うことだろう。

南で伝統的に、2時間あるいは3時間行われたランチは、現代の仕事日までに切り上げられている。

2011年の研究によれば、20年前のほぼ90分と比較して、フランスの正午休憩は平均22分まで下がっている。

また、この春の研究で、フランスの労働者の5分の1が働いて食べるべきホームから、彼らの食品を持ってくることが分かった。
ちょうど3年前に業界コンサルタントGira Conseilから今春の調査によれば、その割合を2倍にした。

研究によれば、ファースト・フード消費は受領額の54%を占めて、初めて従来のレストランを越えた。

しかし、そのフランスのファースト・フード手段を厳密に思わない、フランスのマクドナルドの販売は今年、それらの最も最近の四半期決算によって落ちている。

ファースト・フードの最も大きなドライバーのうちの1人は、90年代の規制で後退した、まさにフランスのパン製造所であった。

この日、彼らは、ビッグ・マックとフライの価格のために、おいしい迅速な食事を出すマスターになった。
また、これらは「ファースト・フード」のカテゴリーに分類されている。

2年前にパリでベーカリーを開いたエステレ・レヴィー(Estelle Levy)にとって、選択は明らかであった。

従来のフランスのベーカリーには、1人は、パンを作るために、1人は、朝食にクロワッサンが好きにさせるために、残り3分の1のペストリーおよびケーキなどを作るために、3人の生産者がいた。
彼女は、クロワッサン専門家を断念することに決めて、迅速な食事を代わりに出すためにコックを雇った。

彼女はエリアを正餐に招待するエスプレッソ・マシーンの隣りに座って、「私がパンを作らない日、私のビジネスは、その上に成り立ちます。」言った。

「しかし、もし私が食物を出さなければ、私のベーカリーは実行可能ではないでしょう。」

彼女は、彼女の収入の3分の1以上がランチからであると、言った。

ほとんどの彼女の顧客はサンドイッチ、ペストリーおよび飲み物をつかみ出発する。

少数は、彼女がパスタ、キッシュおよびデザートを含んでいる陳列ケースに面してセット・アップした握りのテーブルでとどまっている。

パンはそこにもちろんある。
しかし、それはカウンターの後ろに差し込まれている。

レヴィーのようなベーカリーが、ファースト・フード傾向でもうけている間、したがって、そこはスーパーマーケットであった。

この春、ハイパーマーケット・チェーンのカルフール(Carrefour)は、実行中の食事が単にそれと考えられるので新しい「snacking」と呼ぶラインを提示し始めた。

それでも、フランスの風味要求は変わらない、とカルフールの役員アン=マリー・フェラーリ( Anne-Marie Ferrari, a Carrefour executive)が言った。

フランスで彼女は、「スナックを食べることはさらに美食を意味しなければなりません」と言った。

いや、カルフールは中国で苦戦して、伝統的な考え方を変えている。

小さなデザートは期待されます。最も食事、およびウォーキングか運転の間に食べられた食事についての考えに、さらに急いだ破門である。

任意の確立しているレストランのようにランチを買うために多くのフランスの事務員が受け取る、補助金が交付されたバウチャーを受理するカルフールは、彼らの新しい食事で、毎日の正午予算内に7〜8ユーロ(US$9-10)のに値をつけた。

それは、従来のレストランが圧搾しているすべての手段、また1本のはさみおよびマイクロ波に変わることに、より静かに反応していると、ダニエル・ファスケロ議員は外部委託された既製品食事を再加熱すると言った。

彼は、全国のための長期的な問題を引き起こすであろうことは、一時しのぎの解決策であると思っている。

「観光客の40%は、私たちの料理法のためにここに来ます」と彼が言いました。

食物品質が下がり続ける場合、彼はいくつかのポイント仕事で、危うくなるでしょうと、付け加えた。

「フランスは料理法はといえば他の国々に似ていません。それはおいしい食物、よいワインの国です。」

レストランの中で冷凍の準備された食糧を使用する考えを公に防御するために、誰でも見つけるのは難しい。

これは、結局腹を立てた農民のグループが別々に1999年にマクドナルズを裂いたのと同じ国である。

しかし、全国レストランおよびホテル結合Synhorcatによれば、レストラン食事のわずか約55%は、新鮮な成分から組織内で作られている。

研究をリードしたバーナード・ボティボル(Bernard Boutboul)は「それらはどのように食べるか、だけでなく、ファースト・フード、また、高額ので、フランス人は修正しています。」言いました。

「また、それがより低い品質、より低い風味であるので、フランスで中程度であるものはすべてますますポピュラーではありません。」

それは、最新の売上高で恐らく確証されます。
月曜日に、全国チェーンを含む主なフランス料理店を表わす結合は、1年前の同じ期間と比較して、訪問の数が13.2%減少したと言った。

大多数の国の補助金が交付されたレストラン・バウチャーを出すSodexoユニットのヘッドであるデニス・マチェル(Denis Machuel)は、外食する場合、フランスの人々が食べるものは文化と同様に全国健康に非常に重要であると言った。

会社の調査のうちの1つで彼は、「それが人生を楽しむ瞬間である。」ので、それらがランチで休憩を必要としたと人々のほぼ3分の2が言ったと話した。

デニス・マチェルは、少なくとも、従来のレストランは、それらがフランスでそれほど長く保った端を回復することを望みます。ファースト・フードに「私はまだ著しい抵抗を見る」、と彼が言った。

ゼロから料理するレストランのウェブサイトおよびガイドを始めたアラン・トルトサ(Alain Tortosa)は、それほど血色がよくありません。

「フランス人は世界で最多の矛盾している人々の一人でなければなりません」、と彼が言った。

「一方においては、フランス人が言うことを持っています。また、反対側で、それらが行うことを持っています。」

フランス人がワインを飲まなくなって、アメリカ人がワインに投資し始めた。

2013-08-06---現代の生活は、私たちを殺していますか?
2013-06-16---ボトルにねじ込む新しいワイン・コルクを発表。
2013-06-05---太陽光パネルの報復?中国が、欧州産ワインを反ダンピング調査。
2013-06-03---フランス・ワインは、「イタリアが起源」
2013-05-30---「フレンチキス」が,初めてフランス語の辞典に登録された!
2013-04-13---億万長者ウィリアム・コッホは、ワイン詐欺事件にUS$1200万を勝ち取った。
2013-04-03---偽のワインは、NYの億万長者にオークションを中止させた。
2013-03-26---フランス人がワインを飲まなくなった!
2013-02-14---スィートとシャンペン:アメリカのバレンタインの耽溺。