2013-08-06

PayPalとソフトバンクは、日本で新しい支払いパッケージを発表。

モバイル・マネー

mobile World Liveは、PayPalとソフトバンクは、スマートフォンによって、一括モバイルペンイメントで、顧客支払いを処理する間に、ビジネスのオーナーが着信できることを意味するサービスに日本で乗り出させたと報告した。

新しいパッケージは、ビジネスのオーナーがどのようにカード支払いを受け取ることができるかについて説明するPayPal Hereカード読み取り装置、ステッカー、案内書とマーケティング資材だけでなく、Android送受話器を含んでいる。

Android送受話器を加えることは、ビジネスのオーナー自身のスマートフォンを着信のために無料のままにしている。

Paypalジャパンのマネージャーであるレナ・ワイズ(Elena Wise)は、ブログで、
「手短かに言って、それら[商人]のうちのいくつかは個人の携帯電話上で支払いをまったく受け取りたくありません。誰も、支払いをとるべきか家族からの通話に答えるべきであるかどうか決定するのを押さえられたくありません。」と書いている。

ソフトバンクの店で売られる新しいパッケージは、音声電話なしでデータのみである。

それは1か月当たり1,750円を必要とする。

送受話器用追加費用はない。

Paypalは、コストが日本でフルサービスのモバイル・パッケージの約3分の1であると言った。

さらに、米国の会社は、Paypalによってそれらの最初処理の後に、商人のPaypalアカウントで信用を提示することにより、それがそのカード読み取り機を有効に日本において無料にしていると言った。

以前に、リーダは 1,260円から1,440円のコストが必要であった。

Paypalは、ここでそのPaypalを提示するために1年前に、カード読み取り機でソフトバンクとの提携を形成した。

ただし、Paypalは、確認用詐欺メールが頻繁に届き、先日もPaypalに何とかして欲しいと言ったが、何の反応もなかった。

この確認用詐欺メールを承認すると、Paypal経由でお金が盗まれる。
Paypalには、手数料が入る。

非常に危険は、詐欺メールを取り締まれないのは、困ったことである。
これは、プロバイダと協力すれば、消すこともできるが、その努力をしないので、残念ながら信用できない。

お金を扱う会社は、対応が悪いと信用を無くす!

2013-07-17---PayPalは、全地球で14カ月の生産価値と等価US$9京2000兆を信用貸し!
2013-05-14---PayPalは、新しいAndroid SDKを売り込む。
2013-04-30---ペイパルはショップを拡大したいが、ウォルマートは興味を持たない。
2013-04-11---PayPalは、「in-aisle(イン通路)」を提供する。
2013-04-11---セキュリティの問題を積み残したまま、モバイル・バンキングAppは増加。
2013-03-28---投資者は、PayPalのリアル世界への野心に危惧。
2013-03-25---Vivoは、さらにプリペイド充電カードで、PayPal利用者を拡大した。
2013-03-14---PayPalは、モバイルApp開発者を買収。
2013-02-14---PayPalは、ガソリンスタンドでモバイル決済を可能にした。
2012-10-30---PayPal、常駐スタッフ325人、契約社員100人削減。
2012-08-22---PayPalが、ペイメント・サービスのため、小売店へ移動。
2012-03-30---クレジット・カードをまだ信じているのは、誰!?