2013-08-06

米国はベトナムのインターネット規制法を避難。

BBC NEWSは、米国は、時事問題についての議論からのオンライン・ユーザーを制限する、新しいベトナムの¥インターネット法令を非難したと報告した。

その法律は、先週発表され、そしてに9月に実施される、発言権ソーシャルメディアは単に、個人情報の交換に使用されるべきである。

ハノイの米国大使館は、その法令のことで「深く心配していた」と言った。

ベトナムは今年、反対の活動のために、ブログ作成者を含む少なくとも46人の活動家を有罪と判決した。

法令72(Decree 72)として知られているその法律は、ベトナム政府あるいは「国家安全保障」に「反対する」資料のオンライン出版を禁止している。

さらに、それは、「個人情報を提供し交換する」ために、単にTwitterとFacebookのようなソーシャル・ネットワーキング・サイトが使用されるべきであることを明示した。

火曜日のステートメントで、ハノイの米国大使館は、それが「深く情報個人のタイプが個人のソーシャルメディア・アカウントによって、およびWebサイト上で共有することができる限界へ現われる法令の条件のことで心配していた」と言った。

「ちょうどそれらがオフラインで行うように、基本的自由はオンラインを適用します。」とそれが言った。

運動組織国境なき記者団(それは「インターネットの敵」のそのリスト中にベトナムを含めた)は、次のように言いました:
「法令]が効果を現わせば、ベトナム人は、ブログとフォーラムの中で通常循環する無所属派および率直な情報を永久に奪われるでしょう。」

その法は、ベトナムの内部のサーバーを維持することをさらに外国のインターネット会社に要求するだろう、とAP通信が報告した。

GoogleとFacebookを含む会社を表わす業界団体アジア・インターネット連合(Asia Internet Coalition)はステートメントで、「長期では、法令は革新を抑えて、ベトナムで作動することからビジネスを落胆させるでしょう。」と言った。

ベトナムは1派の共産主義国である。
また、当局は、メディアに対するきつい規制を維持している。

しかし、ホーチミン大学近くの本屋に行くと、中に喫茶店があり、そこは同時にインターネットに接続できるケーブルが公開され、多くの学生や教授達が、頻繁にインターネットを利用している。
彼らを見て、規制されているとは考えずらかった。

なにしろ、もの凄い勉強家が多いのに驚く、彼らと少し話す機会があり、その情熱はもの凄く暑かった。