2013-08-06

ハンガリーの一群は、ジプシー殺害で投獄された。

BBC Newsは、ハンガリーの裁判所は、4人が人種差別主義の攻撃で6人のローマ(ジプシー/Roma/Gypsy)の人々を殺したことに対して有罪であると判決した。

犠牲者は、5歳の子どもを含まれていた。

ジプシー・ファミリーに対する攻撃は2008年と2009年に北東ハンガリーの村で起こった。

残忍な犯罪はハンガリーに衝撃を与えた。
また、警察は大失敗で非難された。

終身刑はアールパード・キス(Arpad Kiss)、イシュトバーン・キス(Isstvan Kiss)およびゾルト・ニシキギ(Zsolt Peto)に下された。

4番めの被告イシュトバーン・クソントス(Istvan Csontos)には、13年の実刑判決を与えた。

彼らは14カ月間、ジプシーに対する9つの攻撃の中で銃、手投げ弾および火炎瓶を使用した。

1回の攻撃で、家を燃やされ、ジプシーの父親と5歳の彼の息子は逃れたが、一群によって射殺された。

その攻撃は、Tatarszentgyorgyのジプシー・コミュニティーによって恐れを広げた。

4人は、攻撃への関与を認めた。
しかし、すべては殺人について有罪を認めなかった。

一群のうちのイシュトバーン・キスとゾルト・ニシキギの2一には国家主義者グループへのリンクがあった。

BBCのブダペストからのニック・ソープ(Nick Thorpe)の報告によれば、4人のうち、イシュトバーン・クソントスは警察と意味深長に協力した1人であった。

彼は、ハンガリーの軍事情報部で以前に働いており、任意の軍事経験を備えた1人であった。

批評家は、裁判が男性の動機で詳細に、そして十分ではなく、あまりに注目したと言い、それにより、ジプシーと少数民族のハンガリーの対応する発言権の間の緊迫した対立を検討する機会を逃したと言っている。

ハンガリーの1000万の人口の約7%以上のジプシーがいる。

多くのジプシーがハンガリーの社会のマージンで生活して、ジプシー・コミュニティーは、欠乏と無学によってしばしば、不履行と差別の犠牲者になる。

イシュトバーン・キシュは、ゾルト・ニシキギと共に、国家主義者自警団ハンガリーの警戒(nationalist vigilante group, the Hungarian Guard)の設立に参加したが、それらは柔軟すぎ、「馬鹿げた」と、分かった。

私たちの特派員は、多くのミステリーがその場合に関して残ると言った。

それほど長く発見されないままである間、その人たちが殺害のためにどのようにして資金とトレーニングを見つけたかはまだ明らになっていない。

Csontosの軍事情報部の扱うオフィサーは、閉じた法廷で、証拠を与えた。
また、サービスの従業員が攻撃へのリンクを持っていたかもしれないという疑いが残った。

アールパード・キスの弁護士ラスロ・ベルディ(Laszlo Berdi)は、「他のものは被告とのベンチにあるに違いない。」と言った。

検察当局は、男性の計画がジプシーの猛烈な反動を引き起こし、したがって、民族紛争を刺激することであると主張した。

ハンガリーの議会で3番めに大きな政党Jobbikには、国家主義者自警団が行うとともに、ジプシーへの公然と対立的なスタンスがある。

2013-05-04---ブダペスト世界ユダヤ人会議に抗議する極右Jobbikの集会。
2012-10-24---メルケル独首相は、ジプシー・ナチ・ホロコースト犠牲記念碑をオープン。
2012-05-23---ジプシーは、東西ヨーロッパで同じ不平等に直面している。
2012-04-04---ヨーロッパで迫害を受けるジプシー。
2012-03-07---フランスにはあまりにも多くの外国人が居過ぎる!?
2010-11-03---10歳の少女が、子供を産んだ!
2008-11-12---MEPs、Facebookの反ジプシー扇動グループを攻撃!