2013-08-06

日本は第二次世界大戦以来最大の軍艦を明らかにした。

AP通信は、日本は火曜日に第二次世界大戦以来、最も大きな軍艦を明らかにしたと報告した。

それは、従来の航空母艦に非常によく似ているので、中国と他のどこかで眉をひそめた巨大な空母駆逐艦に対抗したという見方もある。

その船には、長さがほぼ250m(820フィート)のフライトデッキがあり、14機までのヘリコプターを運ぶために設計されている。

日本政府関係者は、特に対潜作戦および国境地帯監視使命中の国防で、それが使用されるだろうと言った。そして人員を輸送する国の能力を支持するために、2011年の壊滅的な地震および津波のように大規模自然災害に応じて供給される。

「出雲(Izumo/【EV-22】海自 出雲型 22DDH【F-35B】)」と呼ばれた船は、2009年以来準備していたが、日本と中国が日本と台湾南部の間で位置したいくつかの小島に関する論争に固定されるとともに、その除幕は起こった。

何か月も、両方の国々からの船は、日本の尖閣列島(Senkaku)および中国の魚釣台(Diaoyutai)と呼ばれる島のまわりのパトロールを行なっている。

島をめぐる緊張は、中国の防御および軍の近代化中の重い支出に加えて、強化された海軍・空軍の日本の要請を高めた。

中国は最近航空母艦を展開し始め、それはロシアから購入した後に改装し、伝えられるところによれば、国内的に構築される別のものの造船を進めている。

日本、中国および台湾はすべて島を要求している。

何人かの専門家は、技術的に技術的にたとえた駆逐艦としても、新しい日本の船が将来垂直に離陸する能力があるジェット戦闘機または他の航空機を発進させるのに潜在的に用いることができたと思っている。

それは日本にとって新しい試みになる。
それは、太平洋で最も装備をされ、最も訓練された海軍のうちの1つを持っているが、その軍隊を防衛の役割に制限する構成上の制限のためにそれ自身の航空母艦を組み立てようと努力していない。

日本は、それがそのように船を使用する計画を持っていないと言った。