2013-08-06

Facebook CEOは公にイミグレーション改革を要求。

AP通信は、Facebook CEOマーク・ザッカーバーグ(Mark Zuckerberg)は、初めてイミグレーション改革を支持(favor of immigration reform)して公に自由に発言していると報告した。

29歳の億万長者は月曜夜、活動家およびジャーナリスト、ホセ・アントニオ・ヴァルガス(Jose Antonio Vargas)によるドキュメンタリーデビュー審査でサンフランシスコで話した。

ザッカーバーグは、それが「正しいことを行う我が国、および私たちのための将来にとって、実際に重要である」ので、彼が包括的なイミグレーション改革のために主張していると言った。

彼は、それがちょうどフェースブックおよび他のシリコン・バレーの会社でエンジニアのために、より多くのビザを確保することに関係していないと言った。

ザッカーバーグおよび彼の元ハーバード大学ルームメートであるジョー・グリーン9Joe Green)は、米国で不法に暮らすほぼ1100万人の移民のための市民権への道を主張するために、最近裏付けた。

しかし、ザッカーバーグがはじめてイミグレーション改革を支持して公に話した。