2013-08-02

スイスは、国歌が古すぎるので、2014年に新しい国家競争を始める!

BBC Newsは、スイスは、その国歌があまりにも旧式であると考えるので、新しい国家を募集し、競争を通じて選ばれると報告した。

そう言えば、日本の国歌も古すぎるので、そろそろ〜

プライオリティは新しいテキストを持つことであるが、競技者がさらに自由に新しい調子を構成することができるだろう、とプロジェクト・リーダーのルーカス・ニーダーベルガー(Lukas Niederberger)がBBCニュースに伝えた。

現在のテキストは1841にさかのぼり、神、祈願、山脈および日光への言及を含んでいる。

新しいテキストは、民主主義と結束のようなスイスの憲法、例えば民主主義と団結の重要性を含むことになっている。

その競争はトップ賞と共に、2014年01月から06月末日に及び、2015年にSFr10,000(US$$10,745)が与えられることになっている。

次点者はSFr5,000、SFr3,000およびSFr1,000を得る。

その競争はスイスで暮らすスイスの国民および外国人に開放されている。

勝利の賛歌は承認のために政府(Federal Council/連邦会議)に提示される。

審査員は、サッカー、オリンピック、音楽、文学と、ヨーデルを歌うことを含む国民生活のいろいろな領域から、25人のメンバーが選ればれた。

審査委員長は、連邦で話されているスイスの言語ドイツ語、イタリア語、フランス語とロマンシュ語からそれぞれ選ばれ、クリスティーン・ベールリ(Christine Beerli)、パトリツィア・ペゼンティ(Patrizia Pesenti)、ピエール・コーラー(Pierre Kohler)とオスカー・ナップ(Oscar Knapp)の4人になった。

現在の祝歌は、スイスの聖歌と呼ばれている。1981年までは、それは英国国歌「God Save The Queen」と同じ調子にセットされた。

ルーカス・ニーダーベルガーは電話で、「本当の問題は、とりわけテキストです。」と、言った。
彼は、1810年に創立されたSGG(Swiss Society for Public Utility/スイス公益事業協会のために、スイスの価格を進めようとして、以前社会的、文化的イニシアチブを開始した。
「公式には、祝歌は聖歌(祈り)です。もちろん、我々には宗教的に中立の開かれた社会があります。 我々にはがいるので、この祝歌は困難です。」と、説明した。

1970年代から、新しい祝歌のための圧力は勢いがついた、しかし、以前、呼び出しは個人または小さなグループから来たと、言っている。

「多くの人々は保守的です。そして、祝歌は感情的です。しかし、作曲家が素晴らしい歌を作るならば、我々は曲も変えることができます。しかし、それは保守的な人々にとって少し難しいので、我々は競争者が音楽を変える必要がないと言います。」と、彼は言った。

SGGは、スイスの憲法の前文で、「新しい国歌の原文の基礎を作る。」と言っている。
「それは、スイスの人々が「努力する」ことについて話す。世界に団結と開放性で彼らの自由と民主主義、独立と平和を強化する」こと。 それも、「違いに対する相互考慮と敬意で一緒に生きる」ことについて話す。
2011年に、スイスのアルペン隣人でオーストリアは、「偉大な息子」と並んでその「偉大な娘」を認めるために国歌の言い回しを変えることに決めた。

こんなイギリスが好き!
本当は女王を全国民が好きである!

こんなスイスやオーストリアも好き!

2012-06-04---ロッカーのスプリングスティーンが、時代にあった米国の賛歌を書くべき!
2011-02-19---強風で、米国の国家のクリスマス・ツリーが吹き倒された!
2006-11-06---トイレに流す水の音をイタリア国歌にした。
2006-10-01---国慶節で、国旗の五星紅旗も捨てられ、踏み付けられた。
2005-06-21---偶像化した星条旗。
1990-08-12---「スコットランドの花」の作詞家ロイ・ウィリアムソンが死去した。
1979-05-08---「君が代」をジャズ風にアレンジして演奏し、分限免職になった。
1977-07-23---「君が代」が国歌になった。
1968-12-10---中国国歌の作詞者である田漢が獄死した。
1931-03-03---「Star Spangled Banner(星条旗よ永遠に!)」が米国国歌になった。
1870-01-27---国旗のデザインや規格が定められた。
1745-09-28---イギリス国歌「God Save the King(神は王を救う)」が初めて歌われた。