2013-08-02

ドイツの少年は祖母の屋根裏で「ミイラ」を見つけた。

BBC Newsは、10歳のドイツの少年は、彼の祖母の屋根裏の隅に隠されたものがミイラであることを知った。

その「ミイラ」は、木枠の中でパックされた象形文字の装飾の完備した石棺の内部にあった。

しかし、アレグサンダー・ケットラー(Alexander Kettle)によって、ドイツ北部ディープホルツ(Diepholz)で見つかった、包帯で巻かれれたアイテムが、古代のエジプトからの純粋な遺物かどうかは不明瞭である。

アレキサンダース父親で、歯科医であるルッツ・ヴォルフガンク・ケットラー(Lutz Wolfgang Kettler)は、彼が不可解な発見のレントゲン写真を撮っていなかったと言った。

代わりに、彼は、自動車にそれをロードし、エキスパートによって検査されるためにベルリンまでそれを運ぶことを計画する、と彼がBild新聞に伝えた。

ルッツ・ヴォルフガンク・ケットラーは、その近くで、複製の石棺、デスマスクおよび離れた器官を格納するために古代エジプト人によって使用されたカノープス壷(canopic jar)と一緒に、見つけたので、疑問をほとんど抱かなかったと言った。

しかし、彼は、ミイラが本物かもしれないと思った。

歯科医の前の父親は1950年代に北アフリカへ旅行した。

その当時に、純粋なミイラにまだ輸入できた、とルッツ・ヴォルフガンク・ケットラーは地方紙Die Kreiszeitungに伝えた。

また、1950年代にパーティーでミイラを開けるための傾向があった、と彼は言った。

「ミイラ」が悪く匂うかどうか尋ねられて、ルッツ・ヴォルフガンク・ケットラーはノーと言った。

それは少なくとも40年間屋根裏において平穏だったと彼は言った。

ドイツは乾燥しているので良かったが、日本だと湿気で臭ってきたことだろう。

確かに、全く無関係の人がエジプトのミイラを購入している。
とくに、歴史が浅い米国やカナダ人は、多くを購入したようである。

また、不思議な博物学という偽科学者が、不思議な模造品を多く作っている。

ドイツ北部ディープホルツ(Diepholz)のGoogle Earthポインター情報
52°36'20.33"N,8°22'13.78"E
または、
52.605647, 8.370494

2013-06-07---ボストンの病院は、2,500年来のミイラを清潔にしている。
2012-10-22---ペン博物館は、ミイラ保存のミステリーをリアルタイムでオープンにする。
2011-05-18---世界最古の冠動脈性心疾患を発見!
2008-04-22---新説!エジプトのピラミッドは、どのように建設されたか!?
-3500-00-00---イタリアのトリノにある「聖骸布」は、制作年代が特定された。