2013-08-02

ニュージーランドのデザイナードラッグ法の興味は拡大。

麻薬とメディア

AP通信は、いくつかのデザイナードラッグ(designer drug)を合法化することができる新しいニュージーランドの法は、「パーティー錠剤」および類似品の増殖に遅れずについていこうと努力する他の国々によって興味をもって吟味されていると報告した。

2週間前に制定された法律は、合成ドラッグを禁止する従来のアプローチからのUターンを表わした。

代わりに、ニュージーランドは、それらが調合薬用のそれに似ている正確な安全試験を経験する場合、彼らの販売を許可して、それらを規制することを試みると言っている。

それらは、影響の下にいる間運用しないような警告に付属する必要がある、しかし、ユーザーに最高値を与えることは、それらを禁止する理由ではない、と政府厚生担当が言った。

政策はある注意を全体的に得ている。

イギリスの議会人のグループが今年同様の政策を採用することを推奨した。

オーストラリア政府関係者は、もっと学習するためにニュージーランド・カウンターパートと接触した。

また、マリファナを合法化することを主張するニューヨークの非営利的な麻薬政策連合(Drug Policy Alliance)は、議会で同様の法案を提出したいと今週言った。

しかし、新しい法律が何人かの政治家およびロビー団体に燃料を与えている間、ほとんどの国々は成り行きを見ながらのアプローチを採用することになる。

むしろ、バラク・オバマ大統領(President Barack Obama)、26の新しい合成物質を禁止して、昨年連邦法に署名して以来、米国は起訴する場合に、より精力的になった。

「spice」および「bath salts」のようなストリートネームの下で売られて、薬は、しばしばマリファナ(marijuana)、エクスタシー(ecstasy)およびメタンフェタミン(methamphetamine)のような禁止物を模倣している。

米国国立薬物乱用研究所(U.S. National Institute on Drug Abuse)は、methのような刺激物「bath salts」は多幸感、増加したセックス衝動、社交性を生産することができるだけでなく、偏執病、一時的精神錯乱、ある場合には死を含む副作用を持つことができると言った。

多くの国々のように、ニュージーランドは近年デザイナードラッグで充満し、1つの、メーカーの後ろのステップとして、それ自体を見つけることで挫折するようになった。

一旦薬が不法と宣言されれば、メーカーは、わずかに新しく合法的な合成物を作成するためにその構成をしばしば変更している。

その追いかけっこは、メーカーが薬の新しい変形を生産している速度および創造性のために、6月の報告書の中で「多頭のもの」と産業を評し、かつ国際的な薬物規制システムが倒壊していると言うようにドラッグと犯罪上の国連のオフィスに促した。

米国の麻薬政策連合グループの重役イーサン・ナーデルマン(Ethan Nadelmann, executive director of the Drug Policy Alliance, the American group)が、
「基礎的な酒類製造販売禁止論者アプローチは、うまくいっているようには見えません。」
「どちらか、薬は有罪にされます。また、地下化学者は新しい合成物を生産します。それは、以前に作成されていないので、犯罪者ではありません。」と言った。

新しい精神活性物質の数は、2009の終わりに166から、2012年中頃までに251に上昇し、インターネットが燃料販売を支援している、と国連の報告書が述べた。

それは、15歳から24歳の間のヨーロッパ人のほぼ5%がデザイナードラッグを試みており、薬が、単にマリファナの後ろに、アメリカの大学生の間の人気で、次にランクしたことを知った。

メーカーは、ヨーロッパ、中国、インドおよび、他の部分にしばしば位置する、とその報告書が述べた。

新しいデザイナードラッグが、法律より早く誕生し、もう、完全に収拾が付かなくなっている。

昔から、有機化学の人は、この現象を心配していた。

2012-08-15---ヘロイン、モルヒネ中毒は、医学的に治せる!
2011-03-01---マリファナそっくりの効果がある化学物質、米国で禁止!

Related Dates