on-the-time.jp

2013年08月01日

3Dプリンターで、電気自動車をアートにしてほしい人。

BBC Newsは、画商と自動車売買業者の世界は非常に異なっているように見えるかもしれない。
しかし、ある一人の人ははそれらを集めたいと考えている。

画商でギャラリーの所有者ケニー・チャクター(Kenny Schachter)は、さらに自動車に対する情熱を持っている。

電気自動車および3D印刷の遅い上昇で、自動車が芸術品にむしろ似ている場合を、彼は将来を見ている
大量生産されるのではなく、少数だけ作成された。
また、すべてが広く同じに見えた。

【広告】 夏季後の汗によるかぶれ、肌荒れ、発疹が急増していることが放送されました。周囲の方に聴いたところ、ほとんどの人が悩んでいました。「ガヤ-3(gaYa no3)」を試していただいたら、調子が良いと言うことでした。 無料プレゼントの結果、多くの方に驚くほど感謝されました。ありがとうございました。秋になっても、これほど多くの方が、まだ悩んでいたことにも驚きました。

ロンドン東部の錠がかかる車庫で彼は、友達および国際的に有名な建築家ザハ・ハディード仲間によって設計された2台の「概念自動車」を見せびらかした。

「非実用的なもの」として都市および高速道路旅行のために設計されたオート三輪モデルが放棄された、とケニー・チャクターは言った。

代わりに、彼は4輪の概念に専念している。
それは、シティーカー-電気自動車用の永続する問題である範囲として、単独で設計されている。

それらに会うために、それらの設計の中で喜んで譲歩し、路上の安全規則はプロジェクト用の別の問題である、ということを彼が認めている。

ケニー・チャクターはコンセプト・カーに、まだ潜在的なメーカーとの会談が関係している。

その間に、2台が売られて、彼がハディードと設計したボートは、ドイツの12台の制作を既に始めた。

軽量設計の電気自動車を3D印刷で制作するとき、自動車の検査機関は、どこまで許すのか?

昔、ドイツのフォルクスワーゲンを多くの人が改造していた。

ドイツでは、ブレーキとライトのチェックだけで車検を通してくれていた。
とくに、住んでいた家の近くの車検場では、好きなナンバー・プレートも安く作ってくれた。

ドイツでは、後ろのナンバー・プレートは規定にものだが、前のナンバー・プレートは、自由であった。

車検場で働いている人に、これで良いの?と聞いたら、「OK!」と言ってくれた。
私の乗っていた車は、一つのドアーが開かなかった。
それは、走行に問題にならないと言っていた。
雨漏りもしていた。

自動車とは、A地点からB地点に移動するために自動走行する乗り物である。
それに、どのようなオプションを選ぶかというのは、自由にして欲しい。

3Dプリンターで、自分の自動車を使ってみたい!

日本の車検場は、厳しすぎるのではないだろうか?

【広告】 夏季後の汗によるかぶれ、肌荒れ、発疹が急増していることが放送されました。周囲の方に聴いたところ、ほとんどの人が悩んでいました。「ガヤ-3(gaYa no3)」を試していただいたら、調子が良いと言うことでした。 無料プレゼントの結果、多くの方に驚くほど感謝されました。ありがとうございました。秋になっても、これほど多くの方が、まだ悩んでいたことにも驚きました。

【広告】 60歳代のダンス・インストラクターの方から、顔から首、胸へ毎日「gaYa-3」を使ってます。こんな凄いオイルははじめてです。と、ご連絡をいただきました。ありがとうございます。いつもお体を気にされている方からのご意見に感激いたします。