on-the-time.jp

2013年08月01日

1984年の黄金寺襲撃は、なぜ今もシーク教徒のために痛むか!?

BBC Newsは、4人のシーク教徒が、アムリッツァーの黄金寺(Golden Temple in Amritsar)で、1984年にインド軍の攻撃を指揮した退役将軍の攻撃に対し、ロンドンで有罪と判決されたと報告した。

78歳のクルディープ・シン・ブラール将軍(Lt Gen Kuldeep Singh Brar)に対する攻撃は、昨年9月にヘッドラインへ最近のインドの歴史で最も論争の的になっている事件のうちの1つを呼び戻した。

オペレーション青色星(Operation Blue Star)とコード名をつけられた黄金寺を荒れることはシーク教徒の分離主義者を追い出すことを目指した。

彼らはパンジャブで独立した自国カーロスタン(Khalistan)と呼ばれることを要求していた。

【広告】 芦屋の奥様から、首筋に赤い斑点が出てきて、何をしても消えませんでした。銀座三越のロングハウスで「gaYa-3」を見て、事情を話したら、25mlの「gaYa-3」を見本でいただき、自宅で使ってみたら、首筋の赤い斑点が消えてしまいましたと連絡がありました。1543年にドイツで発行されたLeonhart FuchsのNew Kreüterbuchという薬草学の本には、肌に良い薬草が多く登場しています。それを読んで、「gaYa-3」は植物油をブレンドしています。よかったですね!お役の立てて良かったです。ありがとうございます。

軍隊のオペレーションは、世界中のシーク教徒を憤慨させた。
この人は信頼の最で、神聖な神社の神聖を汚したことで軍隊を非難した。

インドの政府によれば、87人の兵士を含め、約400人が死亡した。

しかし、シーク教徒のグループはこれを議論している。

彼らは、そこに重要なシーク教徒の5番目のグルのアルジャン・デーウ・ジ(fifth guru, Arjan Dev Ji.)の死の記念日フェスティバル、向けだった多くの巡礼者を含めて、何千人かが死んだと言った。

寺院の部品は戦いの間に被害を受けた。
また、シーク教徒は、それが宗教に対する攻撃であると考えた。

オペレーション青色星はインディラ・ガンジー首相の暗殺に結び付いた。
この人は腹いせに彼女のシーク教徒の護衛によって殺された。

ほとんど30年後に、一群のシーク教徒は、クルディープ・シン・ブラール将軍に復讐を遂げる機会カップルがセキュリティなしで規則的に驚くほど行った訪問を見ました。
この人は彼の妻メーナ(Meena)との休日のロンドンにいた。

インドからのビデオのリンクによると、クルディープ・シン・ブラール将軍は、多くの試みが1984年以来彼の生活上にあり、いくつかの過激派のシーク教徒のWebサイトがそれらのナンバーワンを目標として、彼をリストしたと裁判所が伝えた。

サザク刑事裁判所の陪審員(The jury at Southwark Crown Court)は、Lt正確な情報Brarによって
「オペレーション青色星は、シーク教徒のコミュニティーに対してではなく、多くの殺害を実行していた闘士に対して実行されました。」と伝えられた。

彼は、が闘士にたくさんの警告をしたと言った。しかし、応えることができなかったとき、寺院に入ること以外、彼らには他のいかなる選択もなかった。
彼は、最小の力を使用し、かつ寺院を破損しないように兵士に命じたと言った。
しかし、「兵士がすべての側から攻撃を受けた後、それらは蚊のように落ちていった。

「あなたは、役立たずのようにそこに座ることができません。」と彼が自己弁護するためにそれらが反撃しなければならなかったと付け加えて言いました。

彼の攻撃者は、オペレーション青色星が起こった時、バーミンガムの34歳のマンディープ・シン・サンドゥー(Mandeep Singh Sandhu)、およびロンドンの36歳のディルバク・シン(Dilbag Singh)は、単に子どもであった。
しかし、それらは悪意を穿ちた。

法廷は、ディルバク・シンの家族の2人のメンバーが1984年以来行方不明だったと伝えられた。彼の父親および兄弟、彼らはインド軍の攻撃の時の寺院複合体にいた。

マンディープ・シン・サンドゥーとディルバク・シンがクルディープ・シン・ブラール将軍と彼の妻を見つけ出した時、首都にいた。それらは、チェックするために2つの偵察任務活動をした。

友人で、38歳のハルジット・カウル(Harjit Kaur)は、西ロンドンのヘイズ(Hayes, west London)で、カジノ、レストラン、バスと後を付け、

カジノへ、友達ゆえ、ヘイズ(西ロンドン)のHarjit Kaur(38)はカップルに従いました、レストラン、そしてバス上に後をつけた。

クルディープ・シン・ブラール将軍と彼の妻からちょうど庭離れた静かな通りのホテルで、2012年09月30日の夜に、攻撃された。

裁判所は、3人が彼女の夫とつかみ掛かったとき、夫人が壁に対して投げられたと聞いた。

彼は法廷で証言した。
「私は大声をあげました。『あなたは、誰ですか? 去ってください!』と言って、そして、反撃しようとしました。」と言った。

3人の攻撃者が地面へ彼と格闘していた。
また、4人目は彼の喉をなで切りにした。

「私は、再び妻子に会えないだろうと思いました。」と彼が言った。

攻撃者は、夜に離れて衝突した。
また、近くのパブからの酒飲みは彼の傷から注がれた血液を見て、クルディープ・シン・ブラール将軍を支援した。

彼は、病院へ連れて行かれました。彼は顔と首への大幅削減への緊急外科を必要とした。

警察は、最初に殺人未遂としてそれを扱った。
しかし、被告は悲痛な肉体的危害を託する意図を持って傷つけたことで告発された。

ディルバク・シンは、彼がクルディープ・シン・ブラール将軍に従ったが、彼らがロンドンで彼の存在に抗議することができるように、シーク教徒のコミュニティーに彼をさらす目的を持っていたと言ったことを認めた。

マンディープ・シン・サンドゥーは、証拠を与えることを拒絶した。

ハルジット・カウルはさらに非難を否定した。

しかし、3人はすべて、悲痛な肉体的危害を行う意図を持って傷つけることに対して有罪と立証された。

4番目の人、33歳のバルジンダー・シン・サンガー(Barjinder Singh Sangha)、ウルヴァーハンプトン(Wolverhampton)で、以前は悲痛な肉体的危害を行う意図を持って傷つけることについて有罪を認めた。

もう一人の人は無罪であった。

アムリッツァーの黄金寺(Amritsar's Golden Temple)のGoogle Earthポインター情報
31°37'11.86"N,74°52'35.55"E
または、
31.619961, 74.876542

2012-09-30---黄金寺襲撃を指揮したインドの将軍はロンドンで刺された。

【広告】 最近は、見るからにガサガサで、しわしわの高齢者の肌になってきていたのですが、「gaYa-3」を使ったら、若いころのように肌がつるつるで、プリンプリンになってきました。こんなのははじめてです。と、ご連絡をいただきました。ありがとうございます。

この記事に関連する日付

【広告】 クレオパトラは、ほとんど裸で生活していたと言われ、彼女は椰子油を全身に塗り、朝と晩にそれらを洗い流していたと言われている。つまり、椰子油の全身パックを毎日2回していたことになり、もしそれが事実なら彼女の肌は吸い付くようにつるつるで、ぷるるんとしていたことだろう。

gaYa広告