gaYa広告

2013年08月01日

マスターカードのCEO、NFCは12-18カ月より長期的な努力の必要性。

モバイル・マネー

Mobile World Liveは、マスターカード(MasterCard)のCEOアジャイ・バンガ(Ajay Banga)は、第2四半期の結果に続く、アナリスト質問に答え、NFCの可能性を確信していたと報告した。

つまり、アジャイ・バンガの予測通りには進んでいなかった。
しかし、彼は、それ自体を証明するのに、その技術はより多くの時間がかかるだろうと付け加え、インフラストラクチャー努力のために最小ではない、要求をした。

【広告】 芦屋の奥様から、首筋に赤い斑点が出てきて、何をしても消えませんでした。銀座三越のロングハウスで「gaYa-3」を見て、事情を話したら、25mlの「gaYa-3」を見本でいただき、自宅で使ってみたら、首筋の赤い斑点が消えてしまいましたと連絡がありました。1543年にドイツで発行されたLeonhart FuchsのNew Kreüterbuchという薬草学の本には、肌に良い薬草が多く登場しています。それを読んで、「gaYa-3」は植物油をブレンドしています。よかったですね!お役の立てて良かったです。ありがとうございます。

「それが支払いにはだけでなく、ロイヤリティとセキュリティに適用可能であるので、私へのNFCは機会を持っています。買い物および消費者経験全体、および商人経験への支払いを越えるものはすべて、起こっている物理的で、ディジタルに来たる推移が重要になります。」といった。

彼は次に
「私は、これは12〜18カ月ではないと考えている。それが起こるために、このうちのどのためにも構築される生態系に関して、必要のあることだけを考えてください。そうすれば、私は、それをより長期的な努力と考える傾向があります。」と言った。

しかし、それそれの国々で、異なるレートで発展すると予測している。

彼は、A$100(US$90)の下の処理の25%から30%が、今オーストラリアでm非接触であることを強調した。

「それらはちょうど2年前と比較して、その国のための大きな数です。」

カナダとトルコは速い成長の2つの他の例であった。
しかし、進行の統一見解を得ることを難しくして、他の国々はより遅い。

マスターカードは、多くの国々の携帯電話会社とのNFCに基づいたモバイルペイメントの協力に携わっている。

そのPayPassのPOSシステム技術は、それによってNFCに基づいた支払いを受理することができた。

別に、クレジットカード大手は、物理的なと同様にオンライン支払いを可能にし、イギリスで今週、MasterPassデジタル財布(MasterPass digital wallet)を始めた。

消費者は、最初に後で続くNFCと、QRコードによってスマートフォンによる物理的なペイメントを可能にする。

2013-07-30---マスターカードはイギリスでモバイル財布を開始。
2013-05-01---マスターカードのCEO、「デジタル財布」に関する「間違った雑音」
2013-03-22---ビザは、デジタル財布の計画を軽視。
2013-03-25---Citiが、Google Walletから学習したもの。

【広告】 夏季後の汗によるかぶれ、肌荒れ、発疹が急増していることが放送されました。周囲の方に聴いたところ、ほとんどの人が悩んでいました。「ガヤ-3(gaYa no3)」を試していただいたら、調子が良いと言うことでした。 無料プレゼントの結果、多くの方に驚くほど感謝されました。ありがとうございました。秋になっても、これほど多くの方が、まだ悩んでいたことにも驚きました。

この記事に関連する日付

【広告】 クレオパトラは、ほとんど裸で生活していたと言われ、彼女は椰子油を全身に塗り、朝と晩にそれらを洗い流していたと言われている。つまり、椰子油の全身パックを毎日2回していたことになり、もしそれが事実なら彼女の肌は吸い付くようにつるつるで、ぷるるんとしていたことだろう。