2013-07-25

チュニジアで、野党党首モハメド・ブラヒミが暗殺された。

BBC Newsは、チュニジアの野党党首モハメド・ブラヒミ(Mohamed Brahmi)は、チュニジアで2人目の政治的殺害として、首都チュニス(Tunis)で射殺されましたと報告した。

抗議者は政府が辞職するように要求するチュニスおよび他の地方都市で集まった。

チュニジアで最大の労働組合は金曜日にゼネストを要求した。
また、Tunisairは、その日チュニジア間のフライトをすべて取り消した。

58祭のモハメド・ブラヒミは、人民党の民族運動(Movement of the People party)をリードした。

アリ・ララエディ首相(Prime Minister Ali Larayedh)は彼の暗殺を非難したが、
「私たちは、[パワー]真空を作成する政府を溶かすというすべての要求に反対します。」
2月に、著名な世俗的な政治家コクリ・ベライド(Chokri Belaid)の殺害は集団抗議行動の口火を切り、ハマディ・ジャバリ首相(Prime Minister Hamadi)に辞職することを強いた。

2010年の終わりのチュニジアの暴動は、中東に広がり、「アラブの春(Arab Spring)」として知られるようになった一連の革命をキックスタートさせた。

しかし、BBCの外交特派員ジェームズ・ロビンズ(James Robbins)の報告では、革命以来のイスラム教徒と世俗的な相手の間の深い不和があった。

特に若い多くのチュニジア人が、現在の政府の一部を組織するムスリム同胞団(Muslim Brotherhood)を含む、不寛容なイスラム教徒によって世俗的な民主主義のそれらの探究がハイジャックされたと苦情を言った。

「アラブの春」で最も大きな問題は、西欧諸国が言う民主的選挙が行われれば、人数が多いイスラム教徒によって、世俗的な民主主義が破壊されるという矛盾である。

モーターバイク上のガンマンは木曜の朝、彼の妻と娘の前で、彼の自動車の中にいたモハメド・ブラヒミを撃った、と人民党の民族運動が言った。

地元マスコミは、攻撃者が政治家に11発の弾丸を発砲したと報告した。

誰が攻撃の背後にいたかはまだ知られていない。

モハメド・ブラヒミの家族は殺害の背後にあったことで管理するイスラム教徒Ennahda党を非難した。

Ennahda党はクレームに応答していないが、「臆病で卑劣な犯罪」の「悲嘆および衝撃」を示すステートメントを発表した。

政治家が死んだチュニスの病院の外側では、腹を立てたチュニジア人がモハメド・ブラヒミの妻Mbarkaおよび彼女の娘Belkisに加わった。

大群衆は、さらに殺害で首都の内政部の前に抗議して集まった。

その間に、報告書は、申し立てによると、スファクスの南部都市の地方自治体オフィスを襲撃した抗議者を分散させるために催涙ガスを発射する警察が出現している。

また、抗議者はEnnahdaのSidi Bouzidは、モハメド・ブラヒミの故郷およびアラブの春の出生地の中の本部を攻撃したと言われている。

「人々は道を閉鎖しており、タイヤを燃やしてセットした。」と地元住民がロイターの通信社に伝えた。

チュニジアの首相は、彼および彼の支配するムスリム同胞団に対する集団抗議行動の後にムハンマド・モルシ大統領は最近追い出されたエジプトの隆起の利用を、モハメド・ブラヒミの殺人が目指したと言った。

「これは、戦って、それが混乱でも、未知のものに私たちを押し込むこと、内戦、あるいは暴政のリターンを目指します」とアリ・ララエディ首相が木曜の夜にテレビ演説で言った。

チュニジアがフランスからの独立を獲得した後に、共和国になって56周年記念を祝ったとともに、その殺害は起こった。

人権団体アムネスティ・インターナショナル(Amnesty International)は、殺害が、1つの「チュニジアで法の支配に吹く。」それは経験していた、1つの「政治的暴力の潮を心配させる。」ことであると言った。

モハメド・ブラヒミは、2011年の革命の後に人々パーティーのムーブメントを裏付けた。

彼はさらに全国憲法制定議会のメンバーであった。
それは新しい憲法を起草している。

会議は、金曜が1日の悲嘆になるだろうと発表した。

モハメド・ブラヒミはコクリ・ベライドほど大きな政治的な要人ではない。
しかし、彼はまたEnnahdaに批判的な左翼であった。

Ennahdaは、2011年1月に長期的な定規ジンal-アビディン・ベン・アリの転覆に続いて政権を握った。

党はためらう経済および増加する過激派イスラム教徒移動に関するポピュラーな不安を育てることに直面した。

党が積極的にそれを誘発していたと何人かの批評家が言って、コクリ・ベライドの2月の暗殺の後、多くのチュニジア人がイスラム教徒暴力の上昇を撲滅するために十分に行わなかったことでEnnahdaを非難した、と特派員が言った。

党は。その罪名を否定した。

2011-02-04---革命の詩人。
2011-02-04---革命の音楽。
2011-01-31---アラブで政権が崩壊するとどうなるか?チュニジアの場合!
2011-01-17---チュニジアの独裁政権崩壊の次は、エジプト?!
2011-01-17---チュニジアの緊張状態は、不安のまま高まっている!
2010-12-28---チュニジアの仕事の抗議は、首都チュニスに達した。