2013-07-25

NASAのIRIS望遠鏡は、太陽の不可解な雰囲気の最初の一瞥を提供。

NASAは、豊富な研究およびこれから来る答えの基礎を同時に築いて、望遠鏡が最初にそのドアを開ける場合の瞬間は、数年間の仕事および立案の頂点を表わす。

それは興奮と、および恐らく不確実性の瞬間になる。

2013年07月17日に、NASAのIRIS(Interface Region Imaging Spectrograph/界面領域イメージ分光写真機)を支援し、構築した科学者とエンジニアの国際的なチームはすべて、その瞬間を生き抜いたと報告した。

地球の近くで周囲を回る宇宙船として、望遠鏡のドアは太陽の大気で不可解な最下位層を見るために開いた。
また、その結果は、驚かすことを除き、これまでのところ何も問題は起こっていない。

このほとんど観察されなかった領域での先例がない詳細を示して、データはもの凄く、明らかである。

NASAのグリーンベルト、メリーランドのゴダード宇宙飛行センターのIRISのためのミッション科学者エイドリアン・ドゥ(Adrian Daw, the mission scientist for IRIS at NASA's Goddard Space Flight Center in Greenbelt, Md)が、「IRISからのこれらの美しい画像は、私たちが太陽の下層大気がどのように太陽のまわりの多数の出来事に動力を供給するかもしれないか理解するのを助けるでしょう」
「以前にかつて見られたより多くの詳細で何かを見るときはいつでも、それは理解に新しいドアを開きます。驚きのその潜在的な要素が常にあります。」と言った。

かぶせぶたの扉が2013年07月17日に開くとともに、IRISの単一のインストルメントは太陽を例外的に詳細に観察し始めた。

IRISの最初のイメージは、わずか数百マイル間隔である近隣のループ間で、以前に見られていない、この地域の至る所で密度と温度中の巨大な差異が生じることを明らかにして、多くの薄く、小繊維のような構造を示した。

画像は、さらに急速に明るくなり暗くなるスポットを示した。
それはエネルギーが領域の至る所でどのように輸送され吸収されるかに手掛かりを提供した。

2013-06-27---IRISの打ち上げは、木曜日にセットされた。
2013-06-27---航空機に搭載されたIRIS太陽観測所が離陸。
2013-06-20---IRISミッション打ち上げ準備中!
2013-06-12---NASAが次の人工衛星打ち上げで準備すること。