AD SPACE

2013-07-23

ヴィヴェンディは、マロック販売用のEtisalatとの排他的な会談を確認。

mobile World Liveは、ヴィヴェンディ(Vivendi)は、53%の持ち株の販売のためにマロック・テレコム(Maroc Telecom)に、Etisalatとの「排他的な交渉」を入力したことを確認したと報告した。

Etisalat提示価値は、2012の配当を含めヴィヴェンディへの€42億であった。

会社が明白に終局を入力している間、これは滑らかなプロセスではないかもしれない。

[AD] You can advertise on this site.

ヴィヴェンディは、最終合意がフランスの労使協議会とのコンサルテーションに従い、Etisalatとモロッコ政府の間の承認を協定している、と言った。

さらに、議論はモロッコの機関投資家のグループと進行中である。
それはビジネスへの可能な投資に結びつくかもしれない。

今月の初めの報告書によって、北アフリカ住民国の当局は、Etisalatが取り引きのためのその承認条件の一部として地方のパートナーと働くことを望んでいた。

さらにモロッコ政府はEtisalat取り引きに原則としては反対しないと言われていた。

ヴィヴェンディとEtisalatは今年の年末の前にトランザクションを閉じるつもりである。

[AD] You can advertise on this site.

[AD] You can advertise on this site.