on-the-time.jp

2013-07-23

80歳になった建築家リチャード・ロジャース。

BBC Newsは、世界で最も成功し、最も有名な建築家のうちの1人と見なされているロジャーズ卿の特殊で、目立つ建築作品は遠くに見て、カーディフのウェールズ議会ビル(Welsh Assembly building in Cardiff)からロイズ・オブ・ロンドン(Lloyd's of London)、そしてパリのポンピドゥー・センター(Pompidou Centre in Paris)まで広く知られていると報告した。

彼が80歳になるとともに、リチャード・ロジャース(Richard Rogers)の先駆的な経歴はロンドン王立アカデミー(Royal Academy in London)で、新しい展示において有名になっている。

[AD] You can advertise on this site.

彼の誕生日をマークするために、彼は最も記憶すべき構造のうちのいくつかについて、初期作品から現在のプロジェクトまで、BBCワールドサービスと話した。

ロンドン王立アカデミーの展示「Richard Rogers RA: Inside Out」は、2013年10月13日まで開催されている。

航海されている写真の多くは、Rogers Stirk Harbour + Partnersが提供した。

その他、Press Association、Getty Images、Reuters、FTIConsulting.com、Andrew Zuckermanからの写真も含まれている。

BBCのページで紹介されたスライドショーのBGMは、KPMミュージックおよびエルヴィス・コステロ(KPM Music and Elvis Costello)による。

このスライドショーは、Paul Kerley. Publicationが2013年07月23日に公開した。

ロンドン王立アカデミー(Royal Academy in London)のGoogle Earthポインター情報
51°30'33.34"N,0° 8'23.42"W
または、
51.509261, -0.139839

[AD] You can advertise on this site.

[AD] You can advertise on this site.