on-the-time.jp

2013年07月17日

大きな鼻、長い角のある新しい恐竜。

超過去

BBC Newsは、ユタの砂漠で発見された新種の恐竜の異常は、科学者によって記述されたと報告した。

新しく報告された長さ約5m(15フィート)の恐竜は、トリケラトプス(triceratops family)ファミリーの一種である。

しかし、巨大な鼻と例外的なロングホーンで、古生物学者は、それは彼らが以前に見たものとすべて異なると言っている。

それは、従ってNasutoceratops titusiとして名前を付けられた。
それは大きな鼻、角のある顔を意味する。

【広告】 先日、オイルの全身パックをはじめて聞いたという方にお会いしました。実は、エジプトのファラオを埋葬するとき、バチカンで聖人を埋葬するときは、全身をオイルで清めます。また、ダビデ王が、はじめて宗教の王として任命されたときもオイルで清めています。それは、水では落とせない汚れを浮き出させて、きれいにしてから神になったのです。

その研究はProceedings of the Royal Society B(英国学士院Bの議事録)で公表された。

A remarkable short-snouted horned dinosaur from the Late Cretaceous (late Campanian) of southern Laramidia
Scott D. Sampson1,2,3,
Eric K. Lund2,3,4,
Mark A. Loewen2,3,
Andrew A. Farke5 and
Katherine E. Clayton3

1Denver Museum of Nature and Science, 2001 Colorado Boulevard, Denver, CO 80205, USA
2Department of Geology and Geophysics, University of Utah, 115 S 1460 East, Salt Lake City, UT 84112, USA
3Natural History Museum of Utah, University of Utah, 301 Wakara Way, Salt Lake City, UT 84108, USA
4Department of Biomedical Sciences, Ohio University, Heritage College of Osteopathic Medicine, Athens, OH 45701, USA
5Raymond M. Alf Museum of Paleontology, 1175 West Baseline Road, Claremont, CA 91711, USA

Received May 13, 2013.
Accepted June 11, 2013.

ユタ大学とユタの自然史博物館からのマーク・レーベン博士(Dr Mark Loewen, from the University of Utah and Natural History Museum of Utah)は、BBCニュースに、
「この恐竜は、ちょうど完全に私たちを圧倒しました。」
「私たちは、それがこのように見えるだろうと予言していなかったでしょう。それは、恐竜のこのグループの標準の外部で、全くそれと異なります。」と言った。

この化石は、ユタのGrand Staircase-Escalante Monumentエリアで、2006年に最初に発見さした。

しかし、化石を詳細に準備し、次に、研究するのに数年かかった。

それが元あった岩は約7500万年まで日付を確認した。
したがって、動物は後期白亜紀期間に地球を歩き回っていたことになる。

「その角は、恐竜のそのグループ・メンバーの中で断然、絶対的に最大で、それらは側面に曲がって伸びている。」とマーク・レーベン博士は説明した。

「さらに、それは鼻が、そのグループの中でまた大きい。」
彼は、さらに、その頭の後ろにフリルがあると付け加えた。

さらに、重さ約2.5メートルトンで、Nasutoceratopsは屈強であった。
また、その異常な外観から、それはもの凄く強かったと考えられる。

しかし、この種であるトリケラトプス・ファミリーのすべてのメンバーのように、草食動物であった。

それは、脅迫する他の恐竜よりその熱帯の湿地性の縁の中の植物を楽しむことにもっと関係があった。

Nasutoceratopsは、北アメリカのこのエリアで発見された多くの種のうちの1つである。

それが見つかった砂漠は、以前Laramidiaと呼ばれる大陸の一部を形成していた。
それは化石のための埋蔵物(treasure trove)と評された。

2つの他の種類の角のある恐竜およびあひるのようなくちばしのあるハドロサウルス(hadrosaurs)を含む他の草食種は、共存することができたことを示唆して、Nasutoceratops titusiに近く感じられた。

マーク・レーベン博士は次のように言いました:
「これらの動物はすべて3メートルトン以上です。食物を競争するこれらの大きな草食動物をすべて飼っている環境を持っています。」
「私たちは、あなたがどのようにこれらの動物をすべて支援することができるか実際に分かりません。しかし、それらをすべて同じ岩で見つけます。」と言った。
彼は、他の異常な新しい種がサイトからさらに出現していると付け加えた。

ユタのGrand Staircase-Escalante MonumentエリアのGoogle Earthポインター情報
37°26'32.36"N,111°39'57.86"W
または、
37.442322, -111.666072

【広告】 最近は、見るからにガサガサで、しわしわの高齢者の肌になってきていたのですが、「gaYa-3」を使ったら、若いころのように肌がつるつるで、プリンプリンになってきました。こんなのははじめてです。と、ご連絡をいただきました。ありがとうございます。

【広告】 芦屋の奥様から、首筋に赤い斑点が出てきて、何をしても消えませんでした。銀座三越のロングハウスで「gaYa-3」を見て、事情を話したら、25mlの「gaYa-3」を見本でいただき、自宅で使ってみたら、首筋の赤い斑点が消えてしまいましたと連絡がありました。1543年にドイツで発行されたLeonhart FuchsのNew Kreüterbuchという薬草学の本には、肌に良い薬草が多く登場しています。それを読んで、「gaYa-3」は植物油をブレンドしています。よかったですね!お役の立てて良かったです。ありがとうございます。