AD SPACE

2012-03-15

日本の完全な果物!

BBC Newsは2013年07月16日に、The Moscow Timesからの情報として、日本で開発された「正方形スイカ」は、ロシアの首都モスクワに輸出され、1個£500を越えて売り出し中であると報告したが、BBC Newsは2012年03月15日に、写真で紹介する特集「In pictures: Japan's perfect fruit」を公開している。

銀座の千疋屋に行ったら、世界中の人が腰を抜かすだろう。

そこには、世界の誰も、真似ができない日本の技術があった!

同僚、友達および親類がアイテムを交換する日本のお中元シーズンには、メロンがポピュラーなプレゼントになっている。
日本では、それらが飛ぶように?売れている。

これを見たら、日本の天才農家のものすごさを知ることだろう。

[AD] You can advertise on this site.

日本の静岡県はそのメロンの高品質で有名である。

太陽からそれらを保護するため、帽子が被される。
静岡メロンは温室で育てられている。
石油炉を使用して、それを加熱しなければならない。

燃料のコストは費用の主な理由になっている。
さらに、完全な生育状態を維持するために、いくつかの農場は夏にエアコンディショニングを使用している。

ジャコウ・メロンは高度に重視されます;
それらはもとは中央アジアからきているが、甘いメロンは日本でポピュラーな高級贈り物になった。

何人かの農民はどうにかさらに正方形メロンを生じさせた。
味は、見た目と同様に重要である。

日本人は、非常に甘い果物を好む傾向がある。

新しい種子は毎年、協同組合によって開発されている。
また、ゴールは継続改善である。

メロンは6個の箱で売られている。

理想的な標本はその表面を横切った帯ひもさえと共に、完全な球体である。

トップのT字形の軸はさらに存在するに違いないアイテムである。

東京の中心にある千疋屋、日本の最もよく知られている果物屋のうちの一つである。

それは130年間同じ家族によって経営されている。

その強調は質と顧客サービスの上にある。

これらのメロンは2個で33,600円で売られている。

店の管理は、残りの買物客が自分の消費のために果物を買って、購入の80%が贈り物向けであると推測されている。

同様の注意はりんごの生産にもある。
それは偶数の赤い皮膚で大きいに違いない。

日本人の農民は、高率関税によって外国からの競争に保護されている。

ベストセラーのアイテムは、12個のベリーのために千疋屋クイーン・イチゴの箱は6,825円である。

日本の2回の主な贈答シーズンには、それらは一日に、少なくとも50箱を売る。

千疋屋の管理は、店が日本で贈り物として高価な果物を与えるための傾向を確立するのを支援したと言った。

千疋屋は、果物が贅沢品として売られることを創立者の息子の妻が提案するまで、安い青物商であった。
新しいビジネスは始まり、受け入れられた。

岡山、高知なども超高級果物の開発に乗り出している。

日本の景気は、今急上昇している。
それと同時に、千疋屋の売り上げも急上昇する!

1年間で、いくつの超高級果物を食べたのか?
それはステータスになっている。

もう、クレジットカードのようなもので騙される時代は終わった。

高知から、メロンとマンゴーが送られてきたと聞いた。
私に口まで届くのだろうか?

期待は膨らむ!

2012-07-29---セネガルのメロン!ワイルド・ハニーから取れた蜂蜜!
2011-05-18---スイカが次々に「連続爆発!」犯人は誰だ!

[AD] You can advertise on this site.

Related Dates

[AD] You can advertise on this site.