2013年07月05日

定期的なセックスは、7歳若く見える。

美容と医学の科学

AFPは2013年07月15日に、イギリスの研究者が、定期的にセックスをすれば、最大で7歳まで若く見えるとの研究結果を発表したと報告した。

2013年07月05日に開催された英国心理学会(British Psychological Society)の総会で、王立エディンバラ病院(Royal Edinburgh Hospital)で高齢者心理科長を務めた経験を持つデービッド・ウィークス(David Weeks)博士が高齢者のセックスと健康効果を主とする研究発表の中で論じた。

【広告】 角質のように、石けんで落ちない垢が全身マッサージでも落ちるのでしょうか?と言う質問が来ました。実は、それが目的で「gaYa-3」が、開発されました。足に塗るとき、ついでに腕にも塗ると、垢のようなものがボロボロ取れます。水ですと、その後がガサガサになりますが、「gaYa-3」はオイルですから、つるつるで、ぷるるんとなります。

イギリスの新聞テレグラフ(Telegraph)が伝えたウィークス博士の発表内容によると、定期的にセックスをしている人は、実年齢より5〜7歳若く見える可能性があると言っている。

これは「快楽物質」のエンドルフィンが分泌されるためで、天然の鎮痛効果を持つエンドルフィンには、ほかにも不安感を和らげたり、心臓の健康維持につながる血液循環を促進させる効果もある。

さらにヒト成長ホルモンの分泌が促されることから、肌の弾力がアップすると言っている。

「私が伝えたいのは、セックスは体に良いということだ」というウィークス博士が言っている。

「一般的に高齢者については、年金生活者になってバスの無料乗車券をもらえるようになると、セックスをしなくなると言われているが、それは正しくない」と指摘した。

「性的な充足感は、生活の質の向上に大きく貢献する。

少なくとも、霊的信仰や宗教心といった気力を満たす要因と同じ程、高い影響力を生活にもたらす。

従って、セックスに対する高齢者の前向きな態度は、積極的に支援されるべきだ」と強調し、「性的欲望は若者たちだけに与えられた特権ではないし、そうあるべきでもない」と付け加えた。

博士は1997年にウェールズ(Wales)でまとめられた心臓疾患に関する研究論文から、「週に2回以上オーガズムを得ていた男性は、それ以下の男性に比べて死亡リスクが50%低かった」との結果を引用している。

このほかにも過去の研究で、定期的なセックスと早世リスクの低下との関連性が明らかにされている。

デービッド・ウィークスは、sex is good for youと言う考えのようである。

ただし、このようなテーマで写真を探すと若者ばかりで、それは違うだろうと考え込んでしまう。

【広告】 クレオパトラは、ほとんど裸で生活していたと言われ、彼女は椰子油を全身に塗り、朝と晩にそれらを洗い流していたと言われている。つまり、椰子油の全身パックを毎日2回していたことになり、もしそれが事実なら彼女の肌は吸い付くようにつるつるで、ぷるるんとしていたことだろう。

【広告】 美智子妃殿下のお付きの美年子様より電話があり、「gaYa-3」をイスラエルの方からいただき、長年悩んでいた胸にあったかぶれに塗ったら、3日ほどでつるつるになったので、探していたとご連絡をいただきました。こんなに身近にあったので驚いて、同時に興奮気味でした。美年子様より再度電話があり、イスラエルの方からではなく、中曽根様の奥様だったと修正連絡がありました。ありがとうございます。