on-the-time.jp

2013年07月12日

希少鉱物は、新しいタッチスクリーン材料を見つける。

ブライアン・シャフィン(Bryan Chaffin)はMacObserverで、一つのセラミックはスマートフォンとタブレットで、敏感なタッチスクリーンを得るために希少鉱物から開発されていた。

その物質を作るために使用される鉱物は、非常にまれで、また、知られた発掘場所は、次の10年で尽きることが判っている。

GigaOMによれば、置換の捜索は新しいナノ材料開発を含んでいる。

その鉱物はインジウム(indiumで、
また、インジウムから作られた物質はito(インジウムスズ酸化物/indium tin oxide)と呼ばれている。

【広告】 九州のお医者様の奥様が、偶然使われ、凄く良いので九州まで送って欲しいと言われ、早速対応させていただきました。 これはどこで買えるの?と聞かれてしまいました。お店は銀座三越4階「アトリエロングハウス」TEL: 03-3562-7012で購入いただけます。よろしくお願いします。

それはタッチスクリーンを敏感で触れさせるグラス上でコーティングの中で使用されている。

それらの予測において、過度に熱心であるとう産業専門家によれば、それは明らかにモバイルの生命にかかわる部分である。
また、それは今後ラップトップ市場でますます重要な部分になる。

GigaOMで記事でコメントして、インジウム社のリック・ショート(Rick Short of The Indium Company)は、インジウムがなくなっていることを否定した。

彼によれば、銀の地殻にはるかにさらにより多くのインジウムがる。
また、そのより多くの物が終始再利用されている。

採鉱およびそれの処理は従って問題で、冒頭記事での既知の出所への言及および事実は、他の解決策を捜すためにその希薄が技術界を運転しているということであった。

それらの解決策のうちの1つは銀のナノワイヤー9silver nanowire)である。

カンブリオス・テクノロジーズの事業開発の専務理事ラフル・lグプタ(Rahul Gupta, senior director of business development at Cambrios Technologies)は、銀のナノワイヤーで作られたメッシュは、それを理想的な代替技術にすることができる伝導性および透明のために「スイートスポット」を提示することを実証した。

銀のナノワイヤーには、フィービー・バッファ(Phoebe Buffay)をしてもよいように、さらにベンディである利益があり、私たちが着用可能なコンピューティングの勇敢な新しい世界へ移動するとともに、それは明白な利点を持っているといえる。

銀のナノワイヤーのよう、すべてのナノ・テクノロジーはまだ研究開発過程にある。
また、インジウム社のリック・ショートは、さらに発展、処理、および、それをベンディにする方法を含むインジウム関連の材料を扱うことを、研究開発が継続すると述べた。

多くのお金が危うくする。
また、タッチスクリーンがより重要になるとともに、事態を触れられるようにする方法はそれらへますます多くのお金をつぎ込むことになる。

それは今、グッド・タイミングで開発されている。

【広告】 夏季後の汗によるかぶれ、肌荒れ、発疹が急増していることが放送されました。周囲の方に聴いたところ、ほとんどの人が悩んでいました。「ガヤ-3(gaYa no3)」を試していただいたら、調子が良いと言うことでした。 無料プレゼントの結果、多くの方に驚くほど感謝されました。ありがとうございました。秋になっても、これほど多くの方が、まだ悩んでいたことにも驚きました。

【広告】 別の60歳代の方から、全身パックをしてホットシャワーで、余分な油を洗い落とすとき、お湯が玉になって滑り落ちます。こんな経験は、娘時代にしたことを思い出しました。何となく、娘時代に返ったような気分です。と、ご連絡をいただきました。ありがとうございます。