gaYa広告

2013年07月12日

オレンジは、国際送金額を支援するモバイル金銭サービスを拡大。

モバイル・マネー

Cellular-Newsは、オレンジは、マリとセネガル、コートジボワールの間の送金を許可する国際通貨トランスファー・サービスを始めていると報告した。

それは、3国間で毎年EUR20000万が振替の形をして移動されている。

【広告】 別の60歳代の方から、全身パックをしてホットシャワーで、余分な油を洗い落とすとき、お湯が玉になって滑り落ちます。こんな経験は、娘時代にしたことを思い出しました。何となく、娘時代に返ったような気分です。と、ご連絡をいただきました。ありがとうございます。

オレンジのサービスは、旅行する場合ユーザーがもはや現金を持ち合わせている必要がないように、金銭が携帯電話アカウントから送られ。受け取られることを可能にしている。
また、第三者は現金を送ることを行う必要はない。

例えば、コートジボワールの顧客は、それらのオレンジ・マネー・アカウントを持って、マリあるいはセネガルで友達と家族のもと、あるいはサプライヤーへ金銭を直接送ることができる。

送り手がする必要のあるのは、彼または彼女の携帯電話から#144#をダイヤルし、次に、派遣される受取人および金額をオレンジの電話番号に入力することだけである。

お金が、支払をする受取人のアカウントにおいて、直ちに利用可能か、あるいは購入するかで移動する。
あるいは、それは任意のオレンジ・マネー分配者から、近くの位置で内向的になりえる。

受取人がまだオレンジ・マネー顧客でなければ、それらは口座を無料で開くことができる。

「今日のオレンジの金銭インターナショナル・トランスファーを始める際に、私たちの顧客のための生活を単純化する仕事の数か月で結実します。

「私たちは、アフリカ西部のこのエリアの携帯電話間で国際通貨を作る能力が転送する顧客を提示する、最初のオペレーターであるのを誇りにしています」とオレンジの戦略的なNFCおよび支払いプログラムの取締役チエリー・ミレー(Thierry Millet, Director of the strategic NFC and payment program at Orange)が言った。

オレンジのゴールは、グループが存在する他の国々へアフリカのこのサービスを拡大することである。

アフリカと中東の13カ国において利用可能なので、現在オレンジ・マネー(Orange Money)には700万人を超える顧客がいる。

【広告】 クレオパトラは、ほとんど裸で生活していたと言われ、彼女は椰子油を全身に塗り、朝と晩にそれらを洗い流していたと言われている。つまり、椰子油の全身パックを毎日2回していたことになり、もしそれが事実なら彼女の肌は吸い付くようにつるつるで、ぷるるんとしていたことだろう。

【広告】 最近は、見るからにガサガサで、しわしわの高齢者の肌になってきていたのですが、「gaYa-3」を使ったら、若いころのように肌がつるつるで、プリンプリンになってきました。こんなのははじめてです。と、ご連絡をいただきました。ありがとうございます。

gaYa広告