2013年07月12日

ウーンデッドニーに対するジョニー・デップの興味は、物議!

AP通信は、何か月もの疑問は、ウーンデッドニーの一部に全国的な歴史建造物(Wounded Knee National Historic Landmark.)を買うために、開発者、活動家あるいは種族が喜んで何百万をポンと投げ出すだろうかどうかに関して渦巻いた。

今、そこに混乱の新しい存在として、ジョニー・デップ(Johnny Depp)が参戦したと言った。

【広告】 あるお客様から、50歳を過ぎたころから、首から胸にかけて、疣のような小さなぶつぶつができて、何となく気になっていたのですが、「gaYa-3」を塗ったら、数日で皮膚が柔らかくなって、つるつるになり、ぶつぶつがなくなり、シワも消えたとご連絡をいただきました。ありがとうございます。

しかし、「ローン・レンジャー(The Lone Ranger)」のスターは、実際に何百人ものネイティブ・アメリカンが死んだところで、特性を買う人である準備をしているのか?

あるいは、それは単に、目標の将来についての論争で、討論としての最新の噂なのか?

それが、それらの文化にとって重要であるので、種族に戻すパインリッジ・インディアン保留地の1個の目標を買うために、働いていると、彼がロンドンのデーリーメール(London's Daily Mail)新聞に伝えた時、デップは物語を引き起こした。

サイトは、300人のネイティブ・アメリカンの男性、女性および子どもが1890年に第7騎兵隊によって殺された場所である。

「私は、それを起こらせるために最善を尽くしています」と彼が可能な購入性を新聞に伝えた。

「それらがどんどん進まれ、次に、それらがそこで虐殺されたのは土地です。それは実際に私を悲しませます。」

家族は1968年以来特性を所有した地主James Czywczynskiは、US$490万で歴史的な建造物と、別の40エーカーの分譲地を売ろうとしている。

2つの土地はUS$14,000と評価された。

その販売で、James Czywczynskiは、それらの先祖の殺害から利益を得ようとしていると思う種族のメンバーの間の憤慨を招いた。

インタビューが先週公表されて以来、デップは静かになった。
また、土地のためになされた提示の価格は明らかになっていない。

デップの宣伝担当はコメントを求める繰り返された呼び出しおよび電子メールに応答しなかった。
一方、彼のゴールが常に種族に土地を得ることだったと言ったJames Czywczynskiは、呼び出しに返事しなかった。

パインリッジに住んでいるオグラーラ・スー族のプレジデントであるブライアン・ブロウワー(Oglala Sioux President Bryan Brewer, whose tribe lives on Pine Ridge)は、デップのキャンプの誰からも連絡を受けていないと言い、イングランドの誰かが反応のためにいつ彼に電話するか俳優の興味に最初に通知された。

ライアン・ブロウワーは、彼とウーンデッドニーの生存者の子孫のグループがすぐにJames Czywczynskiに合う¥のを望んでいると言った。

名声購入の可能性は、ネイティブ・アメリカンのコミュニティーの中の討論を生成している。

ある疑問は、デップの「ローン・レンジャー」リリースは、7月前半のその週末初めにチケット販売で、陰気なUS$1950万でデビューしたタイミングによる動機ではなかったかということであった。

デップは、映画中のネイティブ・アメリカンのキャラクターTontoの役割を果たすステレオタイプを演じて、ネイティブ・アメリカンの文化を横領したことで非難された。

Tontoは片言英語を話し、彼の頭に詰められたカラスを身につけて、白い縞および黒い縞で顔を描きいている。

何人かのネイティブ・アメリカンはパロディーとしてキャラクターを見た。

またまた、厄介な芸能人!

Wounded Knee The MuseumのGoogle Earthポインター情報
600 Main St, Wall, SD 57790 アメリカ合衆国 ‎
+1 605-279-2573 ‎
43°59'30.22"N,102°14'28.63"W
または、
43.991728, -102.241286

【広告】 先日、オイルの全身パックをはじめて聞いたという方にお会いしました。実は、エジプトのファラオを埋葬するとき、バチカンで聖人を埋葬するときは、全身をオイルで清めます。また、ダビデ王が、はじめて宗教の王として任命されたときもオイルで清めています。それは、水では落とせない汚れを浮き出させて、きれいにしてから神になったのです。

【広告】 クレオパトラは、ほとんど裸で生活していたと言われ、彼女は椰子油を全身に塗り、朝と晩にそれらを洗い流していたと言われている。つまり、椰子油の全身パックを毎日2回していたことになり、もしそれが事実なら彼女の肌は吸い付くようにつるつるで、ぷるるんとしていたことだろう。