2013年07月12日

イタリアで、マフィアが勝って、正義は負けた。

BBC Newsは、ヨーロッパで最大のコカイン密輸活動を実行した疑いをかけられたカラブリア・マフィア(Calabrian mafia)は、贈賄と腐敗の混合を備えたイタリア南部のエリアをコントロールしている。

しかし、1つの小さな町の女市長マリア・カルメル・ランゼッタ(Maria Carmela Lanzetta)は1年前に攻撃され、彼女と国は、「十分である」と言われました。

カラブリアに関して不快な何かがある。

それは厄介な離れた親戚のように誰もが、言及することが好きではない。

イタリアのブーツのつま先において下がっているので、私は陰惨な隠喩によって打たれる。

【広告】 あなたがシャワーを使うときに犯している誤り!健康的で、清潔と考えて、そのシャワーを使うときの誤りで、あなたは発疹と乾燥肌を起こすかもしれない。美容と医学の科学専門家アマディン・イスナール(Amadine Isnard)は、熱いお湯がオイルを剥ぎ取ると教えた。例えば、汚い皿を洗うために私達が熱いお湯を使用する理由であると言っている。

カラブリアの災難は、国の無視された部分で、末端の中でここまで遠方に、ほとんどは、さらに手足を上へ注意するようには見えない。

しかし、2012年4月に、国家はその病気の足の中の灼熱感に気付いた。

恐らく、彼女の家族のアパートの下、マリア・カルメル・ランゼッタの化学者店での火災から?
あるいは、それは、恐らく、すぐに彼女の自動車で後で放たれた弾丸の穴であった?
いずれにしても、モネステラーチェ(Monasterace)の小さな海岸の町の女市長は苦しんで大声で叫んだ。

また、彼女が聞かれた。

数カ月間の威嚇の後に、最もありそうなことによってカラブリア・マフィアのNdranghetaは、マリア・カルメル・ランゼッタの全国的に反復に「basta(十分)」と叫んだ。

彼女の辞職は、彼女に再考するように頼むため、モネステラーチェまで旅行するように彼女の民主党の全国リーダーを促して、トップ記事になった。

他の地方の市長は、総辞職しようと脅した。
また、彼女の火事で被害を受けた薬学をきれいにするのを支援した地元住民は、彼女のためのろうそくを明かりのついた行列を保持した。

3,500の人口を備えた町の気取らない市長は、暴徒との戦いの国家のシンボルになった。

政府は彼女に警察保護を与えて、彼女がゴールを達成するのを助けると約束した。

彼女は、彼女が管理するのに必要にするために州に3か月の最後通牒を与えて、辞職を取り消すことに条件付きで合意した。

それは1年前であった。

今、何かが変わったというので、BBCのレポーターは、自分で見つけ出すために、モネステラーチェに旅行した。

彼女は、失望して伝えた。

「恐らく、それはより悪くなりました。安定の年であるべきでした。代わりに、それは混乱です。」

マリア・カルメルは、これが単に死脅威およびマフィアに関係していないと迅速に強調した。
それは、去った害の大きい経済・官僚的な真空に関係して、彼女の計画のうちのどれを通しても無力であった。

「私たちはお金を持っていません州支出金が凍結されました。私たちは会議破産者を宣言しなければなりませんでした。私は資源の見通しを持っていません。私は、降参しようと真面目に思っています。」と認めた。

マリア・カルメル・ランゼッタと女性に対して、Ndranghetaは、イタリアをここでちょうど下へ読み終えた。
それで、彼女は、信念の固いリーダーと、強力な母性像として横切って来た。

しかし、今ちょうど、彼女は、シーシュポス(Sisyphus)のようにもっと感じている。

「私は疲れています。また、私はもうたくさんでした。」

彼女の茶色を斑点のある青い目は、自己憐憫の跡を運ばない。ちょうど1つの物足りないような辞職の調子になっていた。

「私は生活を元通りに望みます。」

マリア・カルメルの生活は昨年以来ずっと明確に彼女のものではなかった。

日曜日に警察のエスコートを呼ぶことが好きでないように、彼女は家に招待した。

彼女のテラス上のコーヒーを飲むとともに、「それは服役中に似ている」と言った。

彼女はちょうど道を横切ってきらめく海を示して、冷酷に、
「私はかつては毎日昼食時に、あるいは仕事の後に泳ぎました。私は1年以上水に入っていません。」

「あなたに伴ってくれるように警察に依頼してはどうですか。それらは気にかけませんでした。」
彼女は首を揺さぶります。

「公務のためだけ」と彼女は言った。

しかし、それらはあなたを個人的に保護するだったのではないですか?

彼女は再び首を揺さぶり、
「私は店へポップし、美容師に行くことを逃します。」

彼女は不親切であると思うと彼女に伝えると、
彼女は、それが原理の問題であると言った。

マリア・カルメルは紛れもなくしっかりした法則の女性である。

彼女は規則によって遊ぶ。
また、規則集は常に最も厳密なバージョンであった。

しかし、彼女は、皆にそれらによって遊んでほしい。
また、それはたった今、カラブリアの方法ではなかった。

壮大な海岸線は目障りで痘痕がある。建築許可なしで構築され、通りの上の廃物を腐敗させ、半分完成したコンクリート奇形。

彼女の高い標準は多数置き、バックアップした。

彼女は、「文化的に、市民責任の欠如があります。多くの私の市民が、なぜ彼らが水および廃物の徴収に税を払わなければならないか分かりません。」
彼女はまた自己批判として、彼女が市民と必ずしもよく通信するとは限らなかった。また、厳密な態度が他の委員との矛盾に通うためにリードしたと伝えた。

「私は政治的経験を持っていませんでした。私が知っていたただ一つのことは、私が適法性をモネステラーチェにもたらしたかったということでした。私は、暴徒との接続を望みませんでした。また、私はどうにか私たちの契約をすべて清潔にしておきました。しかし、私には、継続するべき資源がありません。」

また、今、彼女は再びただ地方の化学者でありたいと望んでいる。

「市長は安月給を得ます。しかし、私は私のものを引きません。私は無料奉仕活動としてこれをします。私は、私がただで働いている間、仕事をするために他のものを払っています。もし原因がどれほど高貴でも、収入の源を放棄しなければならなければ、苦闘するでしょう。」
彼女は家族生活を元通りにまた望みます。

「私の夫は、常にこの中で私を支援しました。私の息子は初めは行いすぎました。しかし、今、彼らは言います。「乳房」で、この人はこれをすることをあなたに強いている?」
幸運にも、マリア・カルメルは他のカラブリアの女市長に大きな友情および支援を見つけた。
そのうちの何人かは、彼女のように、警察保護の下で生きている。

本で彼女は、肯定的な社会変動を引き起こすであろうのがカラブリアの女性であると信じると言った。

「私はまだ次のことを思っている。」彼女は疲労して微笑み、「私は、それを達成することができるように私たちは非常にたくさん、より多くの女性を必要とするとちょうど思います。」
さようならと言って、私は会議が構築するのを見に行きます。失敗するウィンドウ、汚された壁および故障したシャッタを持った放棄された旧学校。

足を夕潮に漬けるために海岸まで歩くとともに、私は海沿いのビンからオーバーフローする廃物を通り抜けていく。

この勇敢な薬剤師が、カラブリアのリテラルおよび比喩的な腐食の治療をいつか見つけるかどうかと考えていた。

彼女が辞職したというニュースを聞いた時、レポーターは、これをちょうど書き終えた。

7月末日から、マリア・カルメル・ランゼッタはもはやモネステラーチェの女市長にならない。

つまり、現状のイタリアで、マフィアが勝った!
正義は負けた。

多くの人は、理想と現実は違うという。
しかし、理想のない現実など、どれほどの価値か?

日本のやくざも公務員と家族ぐるみの付き合いをしている。
それが、常識になっている。

モネステラーチェ(Monasterace)のGoogle Earthポインター情報
38°26'54.01"N,16°33'51.81"E
または、
38.448336, 16.564392

【広告】 シャワーやお風呂で、石けんをつかって洗いすぎると、しばしばきつい化学薬品でいっぱいの抗菌の石けんなどで皮膚に炎症を起こしたり、繰り返し私達の皮膚のよいバクテリアを殺すことにより実際、私達の免疫は傷つけられることがあります。水では落ちない泥や垢などの汚れを「gaYa-3」でオイル・パックをして浮かし、シャワーで洗い流すことで、清潔にできます。

【広告】 肌がガサガサになってきて、しわくちゃになってきて、このまま死んでいくのかと思ったら、何もする気が無くなっていたとき、友達が、笑いながら、「gaYa-3」をくれたのです。老眼鏡で説明書を読んで、試しに全身パックをしてみたんです。1週間続けたら、太っていないのにツルツルで、ぷよんぷよんになってしまいました。そうしたら気分まで明るくなって、来年は世界一周を計画しています。と、ご連絡いただきました。皆様が、お幸せになっていただけることが喜びです。ありがとうございます。

この記事に関連する外部のサイト