2013年07月12日

飛ぶ、シーク教徒!インドの伝説のスプリンター伝記映画。

BBC Newsは、伝説のインドのスポーツ選手ミルカー・シン(Milkha Singh)の映画「Bhaag Milkha Bhaag (Run, Milkha, Run)」が、2012年07月12日に世界で公開されると報告した。

【広告】 九州のお医者様の奥様が、偶然使われ、凄く良いので九州まで送って欲しいと言われ、早速対応させていただきました。 これはどこで買えるの?と聞かれてしまいました。お店は銀座三越4階「アトリエロングハウス」TEL: 03-3562-7012で購入いただけます。よろしくお願いします。

BBCのゲータ・パンディ(Geeta Pandey)はデリーで、映画監督Rakeysh Omprakash Mehraと主演男優Farhan Akhtarに会った。

この人はオリンピック選手としてインドから3回出場すために個人の悲劇を克服した「飛ぶシーク教徒(Flying Sikh)」の生活および業績を描く映画は、恐らくその年で最も待たれたボリウッド映画といえる。

Rakeysh Omprakash Mehra監督は、それが「魅惑的な物語」であるのでミルカー・シンの生活中の映画を作るのに彼が決めたと言った。

ムールターン州の片田舎に住んでいた若い少年であったミルカー・シンは、彼の両親と7人の兄弟が1947年にインドのパーティションおよびパキスタンの設立の間に殺害されたのを見た。

彼の父親が落ちるとともに、彼の最後の言葉は命懸けで走るように彼の息子に勧め、「Bhaag Milkha Bhaag」であった。

少年は、メダルを獲得するために最初に走り、次に彼の命を救った。

1947年に孤児としてインドに着いて、彼は軽犯罪を好きになり、彼が軍隊に場所を見つけるまで、生活のために臨時仕事をした。

彼が運動能力を発見したのはそこであった。
つまり、インドのスーパーマン、インドの炎のランナーは、軽犯罪で逃げ回って、オリンピック選手になってしまった!
いかにもインド!

シンの陸上競技上の功績はインドにおいて伝説になっている。
彼は国際的な運動競技の選手権の中で5つの金を勝ち取り、1960年のローマ・オリンピック(Rome Olympics)で400mの記録を破り、彼の80の国際的なレースのうちの77を勝ち取ったため、1959年にヘルムズ世界トロフィー(Helms World Trophy )を与えられた。

例のインドのダンスはないかもしれないが、今年の夏、見なければならない映画かもしれない。

【広告】 美智子妃殿下のお付きの美年子様より電話があり、「gaYa-3」をイスラエルの方からいただき、長年悩んでいた胸にあったかぶれに塗ったら、3日ほどでつるつるになったので、探していたとご連絡をいただきました。こんなに身近にあったので驚いて、同時に興奮気味でした。美年子様より再度電話があり、イスラエルの方からではなく、中曽根様の奥様だったと修正連絡がありました。ありがとうございます。

【広告】 夏季後の汗によるかぶれ、肌荒れ、発疹が急増していることが放送されました。周囲の方に聴いたところ、ほとんどの人が悩んでいました。「ガヤ-3(gaYa no3)」を試していただいたら、調子が良いと言うことでした。 無料プレゼントの結果、多くの方に驚くほど感謝されました。ありがとうございました。秋になっても、これほど多くの方が、まだ悩んでいたことにも驚きました。