on-the-time.jp

2013年07月12日

飛ぶ、シーク教徒!インドの伝説のスプリンター伝記映画。

BBC Newsは、伝説のインドのスポーツ選手ミルカー・シン(Milkha Singh)の映画「Bhaag Milkha Bhaag (Run, Milkha, Run)」が、2012年07月12日に世界で公開されると報告した。

【広告】 最近は、見るからにガサガサで、しわしわの高齢者の肌になってきていたのですが、「gaYa-3」を使ったら、若いころのように肌がつるつるで、プリンプリンになってきました。こんなのははじめてです。と、ご連絡をいただきました。ありがとうございます。

BBCのゲータ・パンディ(Geeta Pandey)はデリーで、映画監督Rakeysh Omprakash Mehraと主演男優Farhan Akhtarに会った。

この人はオリンピック選手としてインドから3回出場すために個人の悲劇を克服した「飛ぶシーク教徒(Flying Sikh)」の生活および業績を描く映画は、恐らくその年で最も待たれたボリウッド映画といえる。

Rakeysh Omprakash Mehra監督は、それが「魅惑的な物語」であるのでミルカー・シンの生活中の映画を作るのに彼が決めたと言った。

ムールターン州の片田舎に住んでいた若い少年であったミルカー・シンは、彼の両親と7人の兄弟が1947年にインドのパーティションおよびパキスタンの設立の間に殺害されたのを見た。

彼の父親が落ちるとともに、彼の最後の言葉は命懸けで走るように彼の息子に勧め、「Bhaag Milkha Bhaag」であった。

少年は、メダルを獲得するために最初に走り、次に彼の命を救った。

1947年に孤児としてインドに着いて、彼は軽犯罪を好きになり、彼が軍隊に場所を見つけるまで、生活のために臨時仕事をした。

彼が運動能力を発見したのはそこであった。
つまり、インドのスーパーマン、インドの炎のランナーは、軽犯罪で逃げ回って、オリンピック選手になってしまった!
いかにもインド!

シンの陸上競技上の功績はインドにおいて伝説になっている。
彼は国際的な運動競技の選手権の中で5つの金を勝ち取り、1960年のローマ・オリンピック(Rome Olympics)で400mの記録を破り、彼の80の国際的なレースのうちの77を勝ち取ったため、1959年にヘルムズ世界トロフィー(Helms World Trophy )を与えられた。

例のインドのダンスはないかもしれないが、今年の夏、見なければならない映画かもしれない。

【広告】 あるお客様から、50歳を過ぎたころから、首から胸にかけて、疣のような小さなぶつぶつができて、何となく気になっていたのですが、「gaYa-3」を塗ったら、数日で皮膚が柔らかくなって、つるつるになり、ぶつぶつがなくなり、シワも消えたとご連絡をいただきました。ありがとうございます。

【広告】 研究を行ったイギリスのチームによると、眉の可動性が非常に高いことは、言葉を使わない意思疎通能力を人間にもたらしたとされる。 この能力は大規模な社会的ネットワークの構築に不可欠であり、こうした社会を築くことで、人間は協力関係を拡大し、生存確率を高めることができたのだという。 「眉の動きが制限されるボトックス(botox/しわ取り注射)療法を受けた人は、感情を強調したり、他者の感情に共感したりする能力が低下するということが示されている。」と説明した。 そういえば。最近多くの女優や歌手がボトックス療法を受け、顔が固まったようになっている。 しわは石鹸などで洗いすぎ、皮下脂肪を流し落としたことで深くなる。 毎日、石鹸で顔を洗う人は、しわが深くなる。 顔を石鹸ではなく、例えば「gaYa-3」で汚れを浮かして洗い落とせば、しわはそれほど増えない。 顔の表現で、感情を強調したり、他者の感情に共感したりする能力が低下すると女優としての能力が低下し、成り立たなくなる。

gaYa広告