2013年07月12日

「アプリ経済」は、2017年までにUS$1510億の価値がある。

mobile World Liveは、調査会社Appnationからの情報として、「アプリ経済(App Economy)」は2013年のUS$720億から、2017年には2倍のUS$1510億に達すると予測したと報告した。

ABIリサーチは、モバイル・アプリ市場がアプリケーションから直接生成された収入から2013年にUS$2700万の価値があるだろうと最近予測した。

【広告】 シャワーやお風呂で、石けんをつかって洗いすぎると、しばしばきつい化学薬品でいっぱいの抗菌の石けんなどで皮膚に炎症を起こしたり、繰り返し私達の皮膚のよいバクテリアを殺すことにより実際、私達の免疫は傷つけられることがあります。水では落ちない泥や垢などの汚れを「gaYa-3」でオイル・パックをして浮かし、シャワーで洗い流すことで、清潔にできます。

最初の「State of the App Economy Report」は、この成長への最大の寄与者がダウンロード、インアプリ広告、およびこれを補足する仮想品物からの収入と共に、アプリ対応の通商になるだろうと予測している。

Appnationの創立者およびCEOドルー・イアンニ(Drew Ianni, founder and CEO of Appnation)は、アプリケーションおよび米国の飽和している市場の人気にもかかわらず、アプリ経済の全面的な成長率がまだ加速していると言った。

彼は「米国の消費者による1日当たり使用されたアプリケーションの数で、また時間とともに、まだ、拡大して、モバイル・デバイスに費やされ、アプリケーション対他のメディアの使用にもっと変わることは、明らかである。そこに、多くの走路、前方に、アプリ経済のすべての重要な分野を横切って、まだある。」言った。

「スマートフォンとタブレットはアプリ経済を動かしている現在、しかし新興のプラットフォーム、接続している自動車およびスマートTVのように、新たな機会を提供しているのと同様に、上げる困難な疑問に関して、それらは、どのようにアプリケーションと接続するだろうか、消費者は、既に、持っている。」とレポートの共同執筆者で、Reticle Researchの主席アナリストであるロス・ルービン(Ross Rubin)が加えた。

研究で、さらに45歳未満のほとんどのデバイス所有者が毎週ビデオ・アプリケーションを少なくとも数回使用することが分かった。

【広告】 芦屋の奥様から、首筋に赤い斑点が出てきて、何をしても消えませんでした。銀座三越のロングハウスで「gaYa-3」を見て、事情を話したら、25mlの「gaYa-3」を見本でいただき、自宅で使ってみたら、首筋の赤い斑点が消えてしまいましたと連絡がありました。1543年にドイツで発行されたLeonhart FuchsのNew Kreüterbuchという薬草学の本には、肌に良い薬草が多く登場しています。それを読んで、「gaYa-3」は植物油をブレンドしています。よかったですね!お役の立てて良かったです。ありがとうございます。

【広告】 角質のように、石けんで落ちない垢が全身マッサージでも落ちるのでしょうか?と言う質問が来ました。実は、それが目的で「gaYa-3」が、開発されました。足に塗るとき、ついでに腕にも塗ると、垢のようなものがボロボロ取れます。水ですと、その後がガサガサになりますが、「gaYa-3」はオイルですから、つるつるで、ぷるるんとなります。