gaYa広告

2013年07月11日

米国の同盟国メキシコ、チリおよびブラジルが答えをひそかに調査して捜す。

BBC newsは、米国同盟国メキシコ、ブラジル、コロンビアおよびチリは、主張をひそかに調査することで、ワシントンからの答えを要求することで、他のラテンアメリカ諸国に協力していたと報告した。

今週の初めに報告されたブラジルのメディアで、米国は地域を横切ってWebトラフィックと通話をとらえた。

目標をひそかに調査することは、ベネズエラの軍事の購入とメキシコの麻薬との戦いについての情報、石油とエネルギーの会社を含んでいた。

【広告】 肌がガサガサになってきて、しわくちゃになってきて、このまま死んでいくのかと思ったら、何もする気が無くなっていたとき、友達が、笑いながら、「gaYa-3」をくれたのです。老眼鏡で説明書を読んで、試しに全身パックをしてみたんです。1週間続けたら、太っていないのにツルツルで、ぷよんぷよんになってしまいました。そうしたら気分まで明るくなって、来年は世界一周を計画しています。と、ご連絡いただきました。皆様が、お幸せになっていただけることが喜びです。ありがとうございます。

逃亡するエドワード・スノーデン(Edward Snowden)によって漏れに基づいた報告は、米国がブラジリアの「データ収集基礎」を実行したと述べた。

O Globo新聞は、ブラジルの首都で、米国施設が外国の衛星からの送信を遮るために、世界中でNSA(National Security Agency/国家安全保障局)によって維持された、16のそのような基礎ネットワークの一部であると言った。

新聞は、その基礎は少なくとも2002年まで運転中だったという証拠を持っていたと述べた。
しかし、それがまだ存在したかどうかは不明瞭であった。

無かったとしたら、移動しただけで、消えることはないだろう。

見たところでは、大企業および外国人の訪問客が慣例的に対象とされて、ブラジルは、ラテンアメリカでこそこそのぞき回る米国の主要目標のままであった。

申し立てによると、報告は会社を指名しなかったが、その監視はブラジルのテレコム会社と米国の機関の間での協力によって行なわれた。

月曜日に、ブラジルのジルマ・ルセフ(Dilma Rousseff)大統領は、米国に説明するように促し、クレームの調査を命じた。

彼女は、真実なら、それらが「主権と人権の妨害」を表わすだろうと言った。

水曜日の議会で、腹を立てた口論中に、上院議員は、ブラジルがスノーデンに収容所を与えて、その一方で他のものが、ブラジルで、米国との有利な防御契約を取り消すべきであると言ったことを提案した。

O Globo新聞に関する主張は、ベネズエラとエクアドルのような領域の従来のアメリカ敵対者の腹を立てた反動の口火を切って、ラテンアメリカを横切ってスパイ行為をする米国のクレームを詳述した。

しかし、アナリストは、意外な新事実がブラジル、コロンビア、メキシコおよびチリで引き起こし、焦燥に米国がはるかに関係のあるだろうと言った。

メキシコのエンリケ・ピーナ・ニエト大統領(Mexican President Enrique Pena Nieto)は、外務省が、スパイ行為をする主張に関する説明のために「とても明白に。」尋ねたと言った。

「またその場合、私たちは、それが明らかに、全く承諾しがたく、それがどのようである場合ことを知りたい」と彼が言った。

チリとコロンビアの職員は、同様のステートメントをその週で以前にした。

スノーデンは、モスクワのSheremetyevo空港のトランジット領域にとどまっているとまだ考えられている。

それらが彼に避難を提供するだろうということをボリビア、ニカラグアおよびベネズエラが示して、彼は、いくつかの国々の収容所を求めた。

様々な報告書によれば、彼が米国またはその同盟国によって遮られずに、どのようにそこに着くことができるかは不明瞭だが、ベネズエラは彼の最も有望な目的地に見える。

スノーデンのリークは、プリズム(Prism)として知られているNSAプログラムの下で、世界中で米国が莫大な量の電話とWebのデータを系統的にとらえているという意外な新事実に結びついた。

どうも中南米全体で、スノーデンを保護し始めるかもしれない。

それは、中南米での移動を自由にするかもしれない。

Sheremetyevo空港(Sheremetyevo Airport)のGoogle Earthポインター情報
55°57'49.65"N, 37°25'5.47"E
または、
55.963792, 37.418186

2013-07-07---頑固爺のカストロは、振る舞いの悪さを理由に島人を叱った。
2013-07-06---ロシアの元美人スパイ、スノーデン容疑者に求婚!
2013-07-04---エクアドルは国家として、大使館バグの支援でイギリス国家を起訴。
2013-07-02---Wikileaks、エドワード・スノーデンは「収容先リクエストを拡大」と報告。
2013-07-01---スノーデンの漏洩で、EUが答えを求め、米国はクレームに悩む!
2013-07-01---フランスの大統領とドイツの首相は、米国に抗議!
2013-06-29---米国はEUをハッキング!
2013-06-23---米国の逃亡者エドワード・スノーデンはモスクワに到着。
2013-06-22---米国は、NSAの漏洩でエドワード・スノーデンをスパイ行為で起訴。
2013-06-17---EUと米国の史上「最大取引協定。」

【広告】 芦屋の奥様から、首筋に赤い斑点が出てきて、何をしても消えませんでした。銀座三越のロングハウスで「gaYa-3」を見て、事情を話したら、25mlの「gaYa-3」を見本でいただき、自宅で使ってみたら、首筋の赤い斑点が消えてしまいましたと連絡がありました。1543年にドイツで発行されたLeonhart FuchsのNew Kreüterbuchという薬草学の本には、肌に良い薬草が多く登場しています。それを読んで、「gaYa-3」は植物油をブレンドしています。よかったですね!お役の立てて良かったです。ありがとうございます。

【広告】 肌がガサガサになってきて、しわくちゃになってきて、このまま死んでいくのかと思ったら、何もする気が無くなっていたとき、友達が、笑いながら、「gaYa-3」をくれたのです。老眼鏡で説明書を読んで、試しに全身パックをしてみたんです。1週間続けたら、太っていないのにツルツルで、ぷよんぷよんになってしまいました。そうしたら気分まで明るくなって、来年は世界一周を計画しています。と、ご連絡いただきました。皆様が、お幸せになっていただけることが喜びです。ありがとうございます。