2013年07月05日

私たちのセレブ、ハッブルの画像。

NASAは、太陽系銀河から、約8000万光年遠方にあるレオ(Leo/ライオン)の星座渦状銀河「NGC 3185」の写真を公開した。

【広告】 あるお客様から、50歳を過ぎたころから、首から胸にかけて、疣のような小さなぶつぶつができて、何となく気になっていたのですが、「gaYa-3」を塗ったら、数日で皮膚が柔らかくなって、つるつるになり、ぶつぶつがなくなり、シワも消えたとご連絡をいただきました。ありがとうございます。

この銀河の画像は、渦巻腕を示し、輝く青いディスクに会うように見える縁の方へ銀河の中心からトレースができる。

「NGC 3185」の中心に、超大質量ブラックホールを含んでいる小さいが、非常に明るい核がある。

この一つのように見えるが、数千という多量のブラックホールがありえ、太陽のそれがそれらの方へ落ちる場合、活発になる。

これが起こる場合、ブラックホールは明るくなり、ほとんど光速度で粒子と放射線の流れを追い払って、遠くへ送る。

「NGC 3185」は、「Hickson 449ヒクソン44)」と呼ばれる小さな、4つの銀河グループのメンバーで、それはその中央にセレブを持っている-グループは、「NGC 3190」と呼ばれる別の渦状銀河にも、さらにホームがある。

「NGC 3190」はアップル社が、デスクトップ・イメージとしてその青に染色されたイメージをオペレーティング・システムのうちの1つに使用しているので、非常によく知られているかもしれない。

見慣れているが、何かを知らない人も多い。

European Space Agency/NASA/Hubble

【広告】 最近は、見るからにガサガサで、しわしわの高齢者の肌になってきていたのですが、「gaYa-3」を使ったら、若いころのように肌がつるつるで、プリンプリンになってきました。こんなのははじめてです。と、ご連絡をいただきました。ありがとうございます。

【広告】 最近は、見るからにガサガサで、しわしわの高齢者の肌になってきていたのですが、「gaYa-3」を使ったら、若いころのように肌がつるつるで、プリンプリンになってきました。こんなのははじめてです。と、ご連絡をいただきました。ありがとうございます。