2013-07-01

フランス政府当局は、小売りでアップル・オフィス襲撃調査。

ジェフ・ガメット(Jeff Gamet)はMac Observerで、フランスの政府当局は、他の小売り業者に製品出荷で躊躇することにより、マック、iPhoneおよびiPadメーカーが不公平に競争を阻んでいたかどうかの調査の一部としてアップルのローカル・オフィスへの襲撃を行なったと報告した。

政府職員は、アップルの値をつける慣習に対する苦情にリンクされたドキュメントをとらえた。

フランス政府当局は、商習慣苦情に関して、アップル・オフィスを襲撃した。

アップルのオフィスへの襲撃に加えて、フランスの政府当局は、さらに慣習に値をつける会社のApp Storeを調査している。

その調査はアップルの政策は、開発者が生活をすることを困難にしたという苦情に関して約1年前にスタートした。

関係開発者の一部は、一度、顧客が、それらがそれらの購入を転送することができないiOSデバイス用にアプリケーションを買うということであ、他のプラットフォームはGoogleのアンドロイドが好きであった。

フランスの政府は、そのアクションをこの時期にさらに詳しく述べていない。
しかし、GigaOMは、調査が起こっており、襲撃の報告書が正確であることを職員が確認したと言った。