on-the-time.jp

2013年07月05日

ロールスロイスのエンジン欠陥問題。

BBC Newsは、ロールスロイス(Rolls-Royce)は、米国訴訟の中で2人の元社員によって出された要求「品質管理要求事項を切り詰める。」「そして顧客嘘をついた。」を否定したと報告した。

成り上がりのシンボルになったイギリス貴族のロールスロイスのエンジンは、欠陥!?

【広告】 冬、寒くなって「gaYa-3」が真っ白になっているので、すぐにロングハウスに電話したら、全部天然オイルで、一番良いときに使えるようにデザインされていると聞き、真っ白になっているオイルを手の平に一滴落としたら、目の前ですぐに透明になってきました。もの凄く不思議!早速、説明書を読んでiいただき、納得していただきました。

2人の元社員はさらに、会社は「慣例的に指定された欠損部が使用された」として、2人は、会社が秘密にしたものの詳細を明らかにすると主張する情報は「切れ端のみ。」を公表するのを防ぐように裁判所命令に挑戦している。

ロールスロイスは自己弁護しており、訴訟は「長所がない」と言った。

フィナンシャルタイムズ(Financial Times)とデイリーテレグラフ(Daily Telegraph)の報告書によれば、元社員トマス・マッカーサー(Thomas McArtor)とキース・ラムジー(Keith Ramsey)によって起こされた訴訟は、エンジン・メーカーがクライアントに売られたエンジンの欠陥の内部レコードを秘密にしたと主張している。

会社がそれらを照合したという従業員クレームは欠陥を「秘密セット本(secret set of books)」と主張した。

ロールスロイスは、訴訟の「発見」過程が入力された前に、米国の地方裁判所判事ウィリアムTローレンス(William T Lawrence)が既に4つのクレームのうちの2つを捨てていたと言うこれらの申し立てを否定した。

「ローレンス裁判官は次のことを分からなかった、ロールスロイスは任意の悪事に従事し、その品質システムに続かなかったこと、また、ロールスロイスが何かを米国政府から隠し、陪審が申し立てに耳を傾ける権利があるとわかりませんでした。」
「ロールスロイスは断定的に他のクレームを拒絶し、活発に自己弁護するでしょう。」と会社は言った。

「その事件の全ての事実は法廷で示されるでしょう。それが見つかるだろうと私たちが確信している場合訴訟は長所がありません」とそれが付け加えた。

そう言えば、インドからネパールへ飛行機で飛んだときのロイヤル・ネパール(Royal Nepal)の飛行機は、ロールスロイスのエンジンだったが、機内ではビール飲み放題で、大丈夫かと心配になった。

2013-04-26---ロールスロイスは中国市場で成長。
2012-07-18---LEGOブロックで組み立てられた Rolls-Royce Trent 1000エンジンを動かす。
2012-01-09---成り上がりのシンボルになったロールスロイスの販売が新記録!
2011-03-31---ロールス・ロイスの電気自動車は、必要か!?
1971-02-04---ロールスロイスが倒産した。
1906-11-20---自動車会社ロールスロイス社を設立した。

【広告】 春夏秋冬、肌は油断大敵です。全身ボディパック「gaYa-3」をお試しください。

【広告】 シャワーのときに、石けんで洗う必要がない。チェビー・チェイスの女性のための消化剤センターの創立者ロビーネ・チュツカン医学博士は、毎日シャワーと石けんで汚れをこすり落とすことによって、私達は、良いバクテリアを皮膚からはいでいるといっている。汗まみれの運動の後でさえ、「gaYa-3」でオイル・パックをして、洗い流すことによって、水では落ちない泥や垢などの汚れを清潔にできます。

gaYa広告