2013-07-01

Monitiseは、テレフォニカとのモバイル・マネー提携を発表。

モバイル・マネー

Cellular-Newsは、Monitiseは、テレフォニカ・ディジタル(Telefonica Digital)がその顧客のための新しく既存のモバイルペンイメントおよび通商サービスを開発し、管理することが好ましいモバイル・マネー・テクノロジー・パートナーになったと言ったと報告した。

2つの会社は、Monitiseへの本質的な無指定の場合に、収入に関する5年の協定を締結した。

急速に変化する、この時代に5年の協定は異常である。

協力の最初の焦点はイギリスで起こると考えられている

合計の最小の収入は、ヨーロッパの最大の支払いプロセッサーであるグループのビザ・ヨーロッパ(Visa Europe)との新しい協力で最近発表されたものに相違しないで、Monitiseの2013年の会計年度への収入期待と将来の成長期待を補強した。

Monitise最高管理者アラステア・ルーキース(Monitise Chief Executive Alastair Lukies)は、
「私たちは、テレフォニカ(Telefónica)で働いて大いに喜んでいます。50の最大の会社のうちの1つ、世界で、共同出資、より多くの人を動かさずにはおかない安全なモバイル・マネー・サービスを作成する新しい方法で、毎日の毎分、私たちの共有経験および革新は、使用する消費者にとって簡単である。」と言った。

さらに、
「成功したモバイル・コマース、ローカルのイン市場ソリューションあるいは大域サービスが共同作業に結局関係していても、この新しい協力は私たちのモバイル・マネー・プラットフォーム、製品および財産にてこ入れします。このショーのような協力で、私たちは、バンキング、ペイメントおよび通商のオフライン・デジタル世界間で、収束の中心で、モバイルによって加速する。」路付け加えた。

携帯電話会社が、これからは通信料ではない収入を考えることになるが、その時モバイル・マネーは大きな原動力になる。
しかし、そこに過去のバーチャル・マネーであるクレジットカード会社を仲間にしない方が、得策である。
たしかに、過去の実績は重要だが、将来を危険である。

2013-05-15---Monitiseは、より広いゴールを目指したmPOSサービスを始めた。
2013-03-22---ビザは、デジタル財布の計画を軽視。
2013-03-06---ビザ・ヨーロッパはモバイル・マネー取引に署名。
2013-02-11---BlackBerry Messengerのための最初のモバイル決済サービス。
2012-10-04---米国のCognizantとイギリスのMonitiseがモバイル・マネー同盟。
2012-03-07---Visa Europe、イギリスのモバイル決済プロバイダの株を購入!
2012-02-22---ビザとMonitiseは、インドの銀行へモバイル・バンキング・サービスを提供。
2012-02-09---VISAは、米国の金融機関のためのモバイル・サービス「Visa DPS」を導入。
2011-10-31---Visa Europeは、モバイル・バンキング・サービス・プロバイダに投資!
2011-09-28---Visaは、2つの新しいモバイルペンイメント・サービスを発表。
2011-07-19---ナイジェリアで数千人もが、モバイル・バンキングに署名。
2011-03-25---Monitiseがナイジェリアで、モバイルペンイメント・サービスをテスト中!
2011-02-03---ビザ・ヨーロッパは、Monitiseとモバイルペンイメントで提携。
2010-09-27---モバイル・バンキングは個人の資産運用革命(Personal Finance Revolution)で加速。
2009-12-02---イギリスでモバイル・バンキングが1年間で30%上昇!