2013-07-01

スプリントは、税金詐欺犯罪でUS$3億の追徴金に直面。


mobile World Liveは2013年07月02日に、圧倒的多数でソフトバンクの株式公開買付けを承認したわずか数日後に、米国の3番目に大きい携帯電話会社スプリント(Sprint)は、売上税の納付の慎重な詐欺行為を主張するニューヨーク司法長官によって起こされたUS$3億の訴訟に直面しなければならないと報告した。

2013年07月01日の公示で発表されたニューヨークの最高裁判事O.ピーター・シャーウッド(New York Supreme Court Justice, O. Peter Sherwood)は、訴訟を捨てる初期のスプリントの動議が否定されたことを確認した。

スプリントがロイターに電子メールで「スプリントはコートの決定に失望します。また、私たちは訴えをまもなく提出するつもりです」
「この訴訟で、検事当局は、国で最も高い無線通信税のうちのいくつかを既に払うニューヨークの消費者が、もっとその上に払うべきであると主張しています。」と言ったと報告した。

ロイターは、ニューヨーク司法長官エリック・シュナイダーマン(New York Attorney General Eric Schneiderman)によって起こされた訴訟が州の誤りのクレーム法(False Claims Actの下でファイルされた最初の税施行活動だったと報告している。

また、法律の下で密告者は、それらの情報の結果回復された25%以内のどんな金銭も受け取ることができる。

密告者情報を使用するシュナイダーマンはそのスプリントを主張した。
顧客をより安いサービスを持った、AT&Tおよびベライゾン(Verizon)から遠ざけて口説く試みであった。
7年にわたってその無線サービスのための税でUS$1億以上の請求書を顧客に送らなかった。

訴訟は、罰を加えて、十分支払われなかった税の量の3倍を請求した。

ロイターによって引用されたシュナイダーマンのスポークスマンは、判決が「脱税者が法律の最も十分な程度にさらされ起訴されるだろうというメッセージを送る。」と言った。

両側の弁護士は、2013年07月24日に審問で現われることを命じられた。

2013-06-26---スプリント・ネクステル株主はソフトバンクを承認。
2013-06-18---スプリントは「不法の企て」のためにDishとClearwireを訴えた。
2013-06-13---Clearwireは、ディッシュ企て支援に変更。
2013-06-12---ソフトバンクの最新のスプリント入札攻撃は、受け入れられた。
2013-06-11---スプリントの役員会は、ソフトバンクを承認し、ディッシュを鼻であしらった!
2013-06-10---ソフトバンクは、スプリント買収失敗の代替え案があった。
2013-05-29---ソフトバンクとスプリントの株取引を国家安全保障として認可。
2013-05-23---ソフトバンクは、セキュリティ管理者、米国政府による拒否権を提示。
2013-05-13---ソフトバンクは、スプリントにつけられたDishの融資に警告。
2013-05-11---米国の政治家は、ソフトバンクにSprint Nextelを渡せないと言った。
2013-05-06---Clearwireは、Sprint Nextel株式公開買付けに賛成の投票を株主に要求。
2013-04-30---孫正義は、SprintとDish Networkを非難!
2013-04-24---スプリント・ネクステルの赤字は、わずかに改善された。
2013-03-28---ソフトバンクとHuaweiの関係は、Sprint Nextel買収の障壁。
2013-01-14---ソフトバンクは、子会社eAccessの株式過半数を売ることで会談中!
2013-01-08---中日韓3カ国連携の最大の障害は米国!?
2012-12-31---Huawei、イランに禁止されたコンピュータ機器販売。
2012-12-11---アップルも脱中国を開始!
2012-11-06---米国 - 中国の貿易発火点!
2012-11-05---失敗続く中国企業の海外買収の背景。
2012-10-24---「Made in China」と言うブランド・イメージの改革は、可能か?
2012-10-23---中国、米国を抜き世界最大の投資目的国。
2012-10-15---ソフトバンクは、Sprintの株式70%をUS$201億で購入。
2012-10-11---ソフトバンクが、米国のSprint Nextel買収で会談中!?
2012-10-10---米国、中国製ソーラーパネルに不当廉売裁定。
2012-10-08---米国パネル、中国の HuaweiとZTEはセキュリティ脅威と警告。
2012-10-01---ソフトバンク イー・アクセス買収。
2012-09-20---中国のスパイ・プログラマー、CMEグループから先物為替情報を窃盗。
2012-09-14---米国を密かに調査する中国のHuaweiとZTE。
2012-09-13---マルウェアは、中国のPC生産ライン上で挿入された!
2012-09-13---テレフォニカは、中国の銀行からUS$12億のクレジット・ファシリティを得た。
2012-08-21---米国のITC、中国など無線電子機器を対象に「337」調査を発動。
2012-07-24---中国のHuaweiは、2012年の営業利益が22%落ちた。
2012-07-23---中国の「Huawei」の名前をどのように発音しますか?
2012-07-16---ZTEシェアは、17%落ち、3年で最低になった。
2012-06-04---中国のHuawei、ブラジルでラテンアメリカ向けの分配ハブをオープン!
2012-05-02---スマートフォン市場で、中国が米国を抜いて最大になった!
2012-04-17---ソフトバンク・モバイル、LTE配備契約の第2段は日本で最大!
2012-04-03---HuaweiとZTEは2012年に、1億ユニットのスマートフォン販売をターゲット。
2012-02-22---Huawei、日本で世界初のUMTS/LTE 1.7 GHzネットワーク展開。
2012-02-18---中国のHuaweiは、米国企業にOEMとして3年でUS$60億を注文。
2012-02-17---45,000人のHuaweiエンジニアが世界で最大のデスクトップ・クラウドに参加!
2012-02-06---ドバイ・メトロ・グリーンラインはHuaweiとDuがモバイルにした。
2011-11-08---Huaweiがロンドンで、スマートフォン・デザイン・センターを開設!
2011-11-05---中国の技術的台頭で、米国の経済制裁が無力化!?
2011-10-12---米国政府は、全国的なLTEネットワーク建設でHuaweiをブロック。
2011-07-05---台湾は、コア・ネットワークでHuawei Supplied Kitの使用を禁止!
2011-05-20---中国モバイルとアップルが、「iPhone5」にTD-LTE採用で合意。
2011-04-18---中国のHuawei、年間利益30%アップで、US$25億!
2011-04-14---中国のHuaweiは、インドネシアで技術訓練所をオープン!
2011-04-06---モトローラのネットワーク売却は、中国で暗礁に乗り上げている。
2011-03-03---中国は4Gモバイルネットワークを商業化準備!
2011-02-21---中国のHuaweiは、米国進出を断念!イギリスに進出!
2011-02-03---中国のHuaweiとZTEは、中国国家保護下企業の証拠レポート。
2010-12-22---スプリントの新しい最高財務責任者は誰で、何をするか?
2010-11-22---中国企業Huaweiは、米国研究開発ヘッドに、前ノーテルCTOを指名。
2010-11-07---スプリントネクステルは、HuaweiとZTEの契約を止めた!
2010-10-21---中国のHuaweiが、米国国防総省で元幹部を雇った。
2010-08-24---問題になっている中国のHuaweiは、米国契約法を得るために動いた!
2010-08-22---米国の政治家はSprint Nextelにキットを販売するHuaweiをブロック。
2010-04-30---インドは、中国からインフラストラクチャ設備の輸入を禁止した。